新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

似てるか似てないか

これもTwitter先行ですでに出してしまった写真だけど

茶のモザイクでよく似た色柄の二羽、でも体型はずいぶん違うよ、という・・・

 ▼ ココ と モズク
120611ココ(手前)♂とモズク♂拡大

ココ(手前)が被っちゃってるからモズクが見えにくいか・・
首の長さ、立ち姿勢、翼の長さ、それらが作りだす全体のホッソリ感のココに対し、


 ▼ モズク  ♂
120611モズク♂

モズクのボディはドバトと変わらない普通~の見慣れたフォルム。

頭部の飾り毛は「クレスト(冠)」以上「襟巻き」未満という中途半端さが持ち味?(^_^;)

羽毛の色柄や飾り毛を除けば 基本形はドバトと変わらない普通の鳩です。

モズクは父親のまるの体つきに似た。母親はココにそっくりなジャコビン寄り体型なのに。
モズクの兄弟たちも皆この体型。母親似の体型の子はナシ。
やはりドバト型=普通の鳩=ノーマル体型=鳩の基本形が優性遺伝するのは当たり前だわな。

てな具合にモズクはいかにも「Mix」らしい中途半端な鳩だが
ココのほうもモズクとは別バージョンの中途半端さだ。


 ▼ ココ  ♂
120611ココ♂拡大


「ジャコビンのココです」と 面倒なので普段は言ってしまうがジャコビンではない。

「ジャコビン」と「スパニッシュジャコビン」は違う(異品種)と前に力説してしまったが
スタンダード(この品種はこうあるべき という特徴)が異なる。

似て非なるこの2種をMixすると、
スパニッシュ優性vsジャコビン劣性 みたいにうまく分かれて出てくれればいいのだが
似ているだけに下手にうまくほんとうにMixされてしまうようだ。

(ちなみに我が家で混ぜたわけではなく、入手した元々のペアがMixだったのだ。
どちらかの品種に「掛け戻す」ことをすれば良いのだろうが純血種が我が家に足りない)

それぞれのスタンダードを守るためにはこの2種を混ぜない方がいいと単純に考えるが
私はこの2種の由来などに詳しくないのでシロートの意見であり間違っているかもしれない。
詳しいブリーダーであればもしかするとたまには“あり”と言う?言わないか(^_^;)
例えばスパニッシュの特徴が後退したとき引き戻すためにジャコビンの遺伝子を時たま入れる、
というような。*註!仮定です。根拠ない想像です。例えばの話です。

話を逸らしてしまった・・・元に戻すと

ココは「ジャコビン」と「スパニッシュジャコビン」の中間の姿をしている。

どっちつかずで そういう意味で中途半端です。きれいなんですがね。
“ジャコビン寄りのスパニッシュ”というか
本当に、うまいぐあいに、丁度中間、みたいなルックスをしてると思います。


 ▼ ジローちゃん  たぶん♀  
111127ジローちゃん♀

ところでジローちゃんもそういう鳩だ。

ジローちゃんココに似てます。(中途半端なりの完成度がやや落ちるがw)





            にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 17:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/940-ecd42a60

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。