新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

続・盲目のFC

盲目のフォーンチークたちはカブトムシを飼育するようなプラケースで暮らしている。
目は全然見えないのだが低い止まり木には並んでとまってたりしてカワイイ。

ケース内足を傷めたBB LB PNGが居候中

私はインコやフィンチや、鳩まで挿餌で育てたりしているが、手乗り派ではない。
手乗り派・・・自分で書いて「派閥なのかそれ?」とツッコんでしまうが
とにかく、挿餌で育て上げはするが「手乗り鳥らしい飼い方」をしたためしがない。

部屋の中でケージに入れて飼い、話し掛けたり毎日ケージから出して遊んでやったり、
といった飼い方が手乗り鳥らしいと思うが、私はガサツな性格なので向いていない。
部屋の中で飼うと飛ばしっぱなしにしてしまう。
結局、禽舎で放し飼い、ということになってしまう。
それでも手乗り適性のある鳥(オカメ、セキセイ、アキクサ、マメetc)は、
こっちが特に構ってやらなくても禽舎に入っていくと肩や手に乗ってきて遊んでくれる。

そのてん盲目のFCたちはリビングで飼っていて毎日何度も手に乗せてはニギニギしているので、手乗り鳥らしい飼い方をされているのは彼らだけかもしれない。

        手乗り

だが彼らはホントは手乗り鳥ではない。
目が見えないから手に乗せてもやたら動かないだけだ。しょうがなく手に乗っているのだ。
でも時々、何かの拍子に飛び立ってしまうこともある。

「生まれつき盲目」の鳥がどんな飛び方をするか分かりますか。
過去にちゃんと飛んだ経験もなく、他の鳥の飛び方を見た事もない、
そんな鳥ってどんなふうに飛ぶと思いますか。   To be continued.....

関連記事

| 錦華鳥 キンカチョウ | 20:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/85-fed14829

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ