新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

早くも三番仔が孵化

昨日のサンダーバード2号“ランジュ”の写真を見てたら
翼面の羽毛がチョロッとハネてるのに気づいた。(毎日実物見てるのに早く気づけよ)
雛換羽でフリルバックの因子が特徴をわずかながら現してきたようだ。
“テンシ”のほうにはその因子、引き継がれてないようだけどね。


さて。

「我家産♀×沖縄から来た♂」のフリルバック系ペアから生まれた“テンシ”と“ランジュ”
この一番仔たちが4ヶ月齢になったところで、

4日前に巣立った二番仔たち “トリ” と “テトラ” 34日齢
110202・トリ&テトラ(34日齢)拡大


白い子と黒い子を一緒に撮るのは難しいな(^_^;)
色調整が・・・明るさとかも・・・(^o^;)

白い方(トリちゃん)が後ろにいたほうが撮りやすかったかも。

2羽とも足毛が長い。パパゆずり。
でも“トリ”のほうにはクレストがある。これはママゆずりか。

クレストのあるチョロハネのspフリルのママ は↓下の写真。

本日(2月2日) 三番仔が孵化!
110202・ペンタ&ヘキサ孵化

2羽孵っている。名前は “ペンタ” と “ヘキサ”

トリ(3)、テトラ(4)に続いて ギリシャ数詞で「ペンタ(5)」「ヘキサ(6)」だ。


じつは1月17日に「次の卵は偽卵にすりかえる」と書いたんだったが・・・(^_^;)
ちょっとのんびりしてたら卵の色が変わってきてしまい(^_^;)
捨てるのが可哀想になり「ま、いいか」となってしまった。

夫が“テンシ”に似た「墓石」いや「御影石」みたいな色の子をまた欲しいと言ってるし。
(今回その色出てるかな~~?)



      にほんブログ村8
当ブログはランキング参加してませんが↑楽しい鳥ブログとの出会いを求めてぜひ行ってみてください^^
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 00:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/809-70aa08f7

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ