新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

ぬくぬくインコたち

先日「世界一受けたい授業」ってTV番組を観てたのだが・・・
 『南極料理人のスゴイ知恵!ゴミを絶対に出さない使い回し料理』
これなんですがね↑いや、料理はともかく、この人が
「極寒の南極では一日に6000kカロリー*必要なので高カロリーの食事だ」って言ってた。
(*ごめん6000kcalだか4000kcalだか記憶が定かじゃないが)とにかく
寒いところで体温を保っていくためにはそれだけカロリーを消費するってことだよね。

いま寒いじゃん。冬だから。
厚着して暖房の部屋でぬくぬくしてて実際には寒い思いなんかしてないくせに
「寒い季節にはこういうもんが食べたくなるよね~~」なんつって
高カロリーのもの食べてっから太っちゃうんだろうね。
寒い季節にはちゃんと体に寒い思いさせたほうがいいのかもしんないね。

どうでもいいこと書いちゃった。
どうでもいいついでに今週ワタシの誕生日が来て51歳になる。
また何もしないうちに1年経っちゃったんだなー。




ブログさぼってたので書きそびれてたが11月20日から療養中のオカメのエメさん。

元気がなかったので捉まえて外の小屋から室内に取り込んだ。
両目とも結膜炎で、目頭から赤い肉(粘膜)が大きくハミ出していた。
体もかなり痩せてしまっていたし、もしかすると死んじゃうかもと思ったが
持ち直して目も治ってきたので写真を撮った。

治療中WFエメラルド♀(2)

ソノウからも便からも何も検出されないが、オカメに結膜炎の症状が出ると
それはだいたいマイコプラズマとかってことが多い。
テトラサイクリン系の抗生剤が効いたとこみると当たってたみたい。

元気になってきて良かった。

オカメってビビリだから日に何度も捉まえて薬を飲ませるのって大変だ。
噛み付いてくるので手袋をして掴むのだが、暴れる暴れる。
頭を補定しようとするとクネクネと身をよじるので目頭からハミ出た粘膜を
手袋でこすってしまい出血してしまう。
インコってクチバシが曲がってるから口を開けさせるのも難しいし。

最初の頃は状態がかなり悪かったので薬剤を規定量キッチリ飲ませたくて
カニューレで強制的にソノウまで入れていたのだが大変だった。
少し良くなってきてからは不確実でも程々に飲んでくれればいいやと思って
薬を飲み水に溶かして自由飲水投与に切り替えた。
ハトだと薬を飲ませるのカンタンなんだけど・・・オカメは難しいなー。
いや、オカメ以上の大きさのインコはみんな難しい。
うちのは殆どの子が手乗りじゃないのでみんな掴まれるだけで大暴れするから。



まえに「近所の店で買えなくなっちゃった」って書いた超特大プラケース。
45cmのやつ、6個まとめ売りだったけどやっぱ通販で買った。

治療中WFエメラルド♀(1)

これくらいのサイズでないと止まり木もつけてやれないし。
45cmだとペットシーツのレギュラーサイズがそのまま敷けるし
新聞紙敷くにしても4つ折りでぴったりだし
治療中の鳥さん用にはこのケースがいちばん楽だな私が世話するには。

もっと太って元気になったらケージに移すかもしれないけど
エメさんには春まで室内でぬくぬく療養してもらおうと思う。
治ったからってこれから寒さ厳しくなるのにこわくて外に戻せない。



さて。
こちらは病気療養中でもないのにぬくぬくと過保護にされてるおふたりさん。

わたわた&ルビコン(2)

セキセイの“わたわた”と、アキクサの“ルビコン”。お久しぶり。

わたちゃんはまだまだ鼻が青くなってないし、雛換羽も全然まだ途中だけど
いっちょまえに「求愛行動」をするようになった。

わたわた&ルビコン(1)

背伸びして首を伸び縮みさせてはルビちゃんに対して変なダンスを披露してる。
求愛の「吐き戻し」なんかもしている。
べつにラブラブではないし、ルビコンにしてみたらセキセイのチビッコのことなんか
なんとも思ってないのだろうけど・・・・

でもエグエグ(吐き戻しの“貢ぎ物”)はしっかりもらう。

わたわた&ルビコン(3)

オンナだな。

ぬくぬく過保護にされて“貢ぎ物”までもらっているもんだから
ルビコンちゃんは太り気味だ。

おい“わたわた”!
成長期なんだから貢いでないで自分もしっかり食べろよー( ̄^ ̄;)



        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]4
当ブログは現在ランキングには不参加ですが 楽しい鳥ブログに出会えますので↑ぜひ村にお出かけください♪
関連記事

| インコ類 | 14:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/784-f0a65d7d

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ