新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

ソニン全快v(^^ )v

オカメインコの“ソニン”のことを書くの忘れていた。
クチバシに異物が挟まっていて餌が食べられず弱っていたのを自宅に隔離して
養生してたのだが・・・

10月7日の日記→保護したときのソニンの様子

書きっぱなしでその後どうなったかを報告し忘れていた。
死んだと思われてたりして。(でもたしかに、死んだら書かないかも私。)

ソニンは元気になり、少しふっくらしてきたので小屋に帰した。
もう帰して一週間?いや10日くらいになるのかな?(またいいかげんな・・・)


元気になった“ソニン”  いや~~~よかったよかった^^
101025病み上がりソニン♂(WFパール)拡大

やっぱり広いとこで飛んでるオカメはいいね^^

心配なのでもうちょっとプラケースに入れて大事大事にしていたかったんだけど
もともと多数羽で小屋内を飛んでた子だから狭いとこに入れておくと
よけい病気になってしまいそうで。精神的にね。

小屋に帰してからはイキイキしているよ^^


それにしてもクチバシに異物がはさまって餌が食べられなくなるなんて
そんなことがあるのは知ってたけど自分ちでそれが起こるとは思ってなかった。
甘かったな。
1羽1羽を毎日よく見ていてやらないと、やっぱり何が起こるか分からない。
ソニンだって発見が遅れていたら餓死していたところだ。



ソニンの父親 “シオン”(右)
101025左ソニン(WFパール♂)息子+右シオン(WFパール/パイド♂)父親拡大

これがあの、抱卵も育雛も手伝わず役立たずだった父親だ。
子づくりに関してはそんなふうだが、べつに私はブリーダーじゃないので
繁殖に関して役立たずなオスでも普通に飼ってるぶんには全然かまわない。
なかなかハンサムだし性格はノーテンキで可愛気があり、なにせいつも無駄に元気だ。

オスなので、息子のソニン同様に今はノーマルみたいになってるが「WFパール」で
頭と冠羽の一部が白く抜けてることから判るようにパイドスプリットだ。

“シオン”っていつからうちに居るんだったろう・・・
鳥台帳を見たら「2003年の4月16日に入舎」となっていた。
7年前だが憶えてない(^_^;)こんぱまる名古屋店で2万円で買ったらしい。
今はオカメの値段ってもっと下がっているのかな、最近のことはよくわからないが。

こんぱまるのカルテが保存してあった。(いいね。購入時にこういうのくれるって)
それによると愛知県産で、誕生日は「2002年12月1日頃」とのこと。


あ、でもちょっと思い出してきた。
あのとき確か、オスが欲しかったんじゃないかな。
電話で問い合わせたら手乗りヒナの売れそびれで育っちゃったオス確定の子が
いるというので見に行ったんだっけ。
パール模様はあったけど生後4ヶ月にもなってたので♂鳴きしてて確定だったんだ。
それで手乗り崩れとは聞いていたけど崩れまくってて全然なれてなくてさぁ(^o^)
でもあの当時から無駄に元気なヤツだったなぁ。

いまも元気でなによりだよ。

        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]4
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^
関連記事

| オカメインコ | 11:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/774-357d65d0

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ