新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

雨の日は静かです♪

昨日は天気同様に私もぐだぐだしてしまってブログ書きそびれた。
電器屋のお姉さんが来てて(商売ではない、サボリ)
東海地方は梅雨入りした、って言ってたのだがほんと?
今朝の新聞のお天気欄を見ても今週しばらく雨の日が続くようだ。
でも私は雨の日は静かに過ごせて好きなのでいいのだが。


ウスユキのヒナの大きい仔が巣立っていた。
小さい方の子はだいぶ成長の差があるので巣立ちはもっと先になるだろう。
いままで2羽孵化してこんなに差があったことないんだけどな?

ところで、今回のヒナ2羽は昨日載せたようにノーマルカラーなのだが
両親がシルバーなのにノーマルが生まれるものなのかな~なんて思った。
私は今まで、ウスユキバトについてはカラーミューテーションや遺伝について
調べてみようと思ったことがなかった。
海外サイトで写真だけは「見てた」が、読んでみようとしていなかった。

キンカチョウなんかは多くのバリエーションがあり遺伝的に面白かったので
興味があって結構ハマッてしまい詳しく調べて自分でも検証のため繁殖なんかしたが
ウスユキは「濃いの(ノーマル)」か「ちと淡いの(シルバー*)」か
どっちかしか生まれないんだからどうでもいいや程度に思っていたのだ。

ところが、昨夜ちょっと海外サイトをマジに読んでみたら、
私たちが普段「シルバー」と呼んでるものが実はシルバーではなかったと解った。

ボディカラーは淡いが、あれは「腰白」のノーマルなのだ。
「腰白」の遺伝子を持つとノーマルから腰の部分だけ白くなり
それと同時に体の色も淡くなる、というダイリュート(希釈)変異なのだ。
だから「腰白シルバー」なんていう呼び方は間違いだったわけで
本当のシルバーっていう変異はまた別のものだ。
遺伝のことは別記事にしたいので後ほど詳しく書きたいと思う。のでここまで。


今日のキンカヒナ(34日齢)
100614キンカヒナ34日齢

もうそんなに外観はかわりばえしませんが(^.^;)
それと、おちりがフンで汚れているかのような色ですが
GISなので、下腹部がこんな「イザベル色」なのは当たり前なのでちた。

余談「イザベル」の語源
  ※イザベル1世が願掛け(イスラム教徒を追い出す?)で9ヶ月間下着を替えず。
   その結果変色した下着の色が「イザベル色」だよ( ̄∇ ̄;)くさそう。

もちっとふかふかしてると可愛いのにね~。

じゃぁ羽づくろいでも
100614キンカヒナ(34日齢)

キンカヒナの名前は“つーさん”(夫.命名)めずらしく「さん」付けの名前だ。
餌をねだるときの声、私は「み”ーみ”ーみ”ー」と表現するが
夫には「つー つー つー 」と聞こえるらしい。・・・どうでもええが。


お久しぶりです!“ぐぐる”です
   100614コガネメキシコ“ぐぐる”

まだ毎日ちょこっとずつ好物の枇杷の種をあげることができてますが
もう枇杷もシーズン終わってしまい、これからはあげることができませんね。
“ぐぐる”は解ってくれるでしょうか。・・・無理だろね(^_^;)


“いちご”“黒ジャコペア”共同で抱卵中
100614いちごちゃんと黒ジャコペア共同で抱卵中

本当はだれの卵だか分らない状態です。
いちばんシンケンに抱いてるのが“いちごちゃん”。
実の親だろ黒ジャコ様たちもっと真面目にやれ~( ̄∇ ̄;)



      にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]1
             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
関連記事

| 雑感とか(グチ多し) | 18:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/617-56f8d920

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ