新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

骨折ドバトは回復中

また日付が変わってしまいましたが、今は5月1日の真夜中です。

右足骨折の子鳩ちゃんは便宜上“ポッキー”と呼ぶことにします。
ポッキリ折れてるからね(^_^;)

飼育ケースの掃除中は買い物カゴを伏せて中に入っててもらいます^^;
その間に撮影~(^。^;)

100501“ペラちゃん”保護した翌日拡大

保護して丸1日経ちましたが、とても元気になってきました。
フンの色も正常になり、形もコロンとした良いフンをしています。

足は上げてる。
体重をかけると痛いんじゃないかな。痛そうにしてない(みえない)けど。
鳥の骨折はくっつくのが早く、数日で固まってくるので回復は意外と早いんじゃないかな。

歩けるようになったらなるべく早く放鳥してやりたいと思っています。
長く置いておくと飛べなくなってくるし、それに情がわいてくる(悪いクセ)。
この子、なんか可愛いんだもの(^_^;)いかんいかん!


ところで関係ないけど、さっき画像を整理していたらこんなの出て来て
「なんじゃコレ?」と思ったらキジバトの巣だった。

キジバトの巣(ヒナ巣立ち後に撤去したもの)拡大

鳩小屋を作ったとき、そこにあった大きな月桂樹の木を伐採してしまったのだが、
その木に作られた巣だった。

その月桂樹は40CMほどの高さのときポット苗で買ったのだけど、
地植えしたらどんどん大きくなり、あれよという間に家の屋根まで届く大木になった。

けっこう根がしっかり張る木のようで、台風のときでも倒れたりしたことなかった。
(かつて大きなゴールドクレストもあったのだが、
そいつは台風のたびに倒れたり折れたりした。根張りの弱い木だね鉢植え向きなんだ)

そのしっかりした月桂樹がお気に召したらしく、キジバトが営巣してくれたのだった。
枝が何股かになったところに小枝を集めて巣を作り、ヒナを育てていた。

それが「鳩小屋をここに建てよう!」と計画してた頃。
いろいろ準備をしつつヒナの巣立ちを待っていた。
そして巣が空になってから、大きくなり過ぎた月桂樹を切り倒した。

伐採するときは可哀想に思えて複雑な心境だった。
庭に木を植えるときはよく考えて、その木がどんな大きさ形に成長するのかなど
ちょっとは勉強して植えるべきだったなと反省した。
そんなに大きくなる木だと思っておらず、私は無知すぎた。
やっぱり可哀想なことをした。

キジバトの巣を見ると、うちの庭で調達した材料ばかりで出来ていた。
ずいぶん近場でまかなえたのだな、と思った。

ほとんどがクレマチスの枝(つる)だ。
伸び過ぎて暴れたクレマチスをザクザク切って枝を庭に放置してあったのだ(^_^;)
それを使ったらしい。(でもいい具合に出来ているよね)
あとはやはり伸び過ぎたため刈り込んで放置しておいた“芝”。これも使ってある。
産座に敷いてあるのは(いや、勝手に落ちて来たのかもしれないが)月桂樹の葉だ。

なかなか立派な、しっかりした巣だよね^^



ランキングに参加しています♪
応援クリックいただけると嬉しいです↓
           にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 01:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/552-407aa939

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。