新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

グレの弟か妹が誕生

昨日ツイッターに書いたのだが、鳩小屋の床に卵の殻が1個分落ちていた。
いつも感心するが、鳩ヒナは卵の中できれいに一回転して卵殻を割るもんだなと。

誕生したのは(スパニッシュジャコビン×フリルバック)同士のペアの仔。
つまり“グレ”の‘きょうだい’だ。

“グレ”の弟妹が誕生(孵化2日目)拡大

卵を2個抱いてるとばかり思っていたが1個だけだったようだ。
1羽のヒナが元気にウゴウゴしていたが他に卵は残ってなかった。
“グレ”に弟か妹ができた。
こんどはどんなルックスの仔になるだろう。成長が楽しみだ。


ところで、これは昨日の夕方撮った写真だが・・・ムシャかミナト。どっちだろう。
         ↓
通いドバト2拡大

鳩小屋と自宅はベランダで繋がっている。
自宅のサッシ上に棚が作ってあるのは、保護して治療し放した鳩が戻ってきたときのため。
まさにこういう時のため。
彼は昨夜はここで寝たようだ。

そしてこれは今日の夕方撮った写真。
        ↓
通いドバト拡大

今日もここにお泊まりだ。しばらくはここで寝ることになるだろう。
そのうちにはドバト軍団に吸収されて夕方どこかに帰っていくことになるはずだ。
餌は他のみんなと一緒に庭で食べているようだから。

この子の目の感じとクチバシのキズ、“ミナト”のような気がする。

“ムシャ”は元々ここのドバト軍団の一員だったのだから帰るべきねぐらの記憶がある気がする。
でも“ミナト”は名古屋で保護されたのを伊勢に連れて来て2ヶ月。
ここで放していきなり名古屋へ飛んで帰るとは思えないので、やっぱこれは“ミナト”かも。
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 22:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/474-969b0b07

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ