新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

ミナトさんの引越し

大晦日に孵ったspフリルバックペアのヒナ(11日齢)。親が離れた隙に撮影。
やっぱり親鳩が育てている仔は肉付きが全然ちがう。このミチミチ感!

spフリルバックのヒナ(11日齢)拡大

いま画像を見ると足に筆毛が生えているように見える。
撮影のときに気づかなかった。持ち上げて足を見ておけばよかった・・・。

いつもは親鳩はしっかりヒナに寄り添っていて離れないのだが、今日はちと事情が。
保護ドバトの‘ミナト’を小屋に入れたら大パニックが巻き起こり・・・。

(それまではこんなかんじで皆「のほほん」としてたのだが)
    ↓
フン避けのつもりが鳩棚になってしまった拡大


鳩の「止まり木」というのは個室になった箱状のもので、1羽に1個必要だ。
うちはたぶん数が足りてない。なので強いものから良い場所の取り合いになる。
こういう長い棚があってもだめなの個別じゃないと。いくら長くても1本は1本なのだ。
    ↓
鳩のケンカ拡大
    ↑
これは‘ミナト’と‘足毛くん’のケンカ。どつき合い噛み付き合い。

ミナトが私の手からこの長い棚板に飛び乗ったとたんに大騒ぎがはじまった。
驚いたことに、まず間髪入れずに飛びかかっていったのがドバトの‘ヘタリ’だった。
ふだん存在感が無いほどに大人しい女の子がどうして!?ドバト同士の敵愾心?
よくわからんが‘ヘタリ’のあまりにも意外な一面を見てしまった。

そのあと「俺のカノジョに何すんねん!」と襲いかかっていったのが‘足毛くん’だ。
いや、ケンカを売ったのはキミのカノジョの‘ヘタリ’のほうだけどね。


さらに‘茶ジャコビン様’ともハンガリアンの‘ゼッケン’とも噛み付き合い。
ドバトの‘ムシャ’とも転げ回ってドツキ合いを繰り広げ、
手当り次第に他の鳩たちともケンカしていたが・・・・

観賞鳩たちは弱い。ドバトの‘ヘタリ’はメスだし、‘ムシャ’は若いし。

‘ミナト’はあまりにも強かった。

ドバトの‘ミナト’鳩小屋デビュー
       ふっ・・。平和ボケした観賞鳩など俺の相手ではないわ。

ミナトさん!かっこいいです~~。


ミナトは私に噛み付いたり鳩パンチを喰らわせたりすることは一度もなかった。
治療の為に彼にイヤな事をいっぱいしたのに大人しかった。
だからこんな展開を予想してなく、むしろ苛められないかと心配していたのだが。

ともあれ「ミナト最強」で早期に決着がつき、一応落ち着いたが
止まり木が足りないことは問題だ。

ということで大急ぎでとりあえず6個増設。(ドロナワ式)
   ↓
止まり木を増設拡大

こんなにすぐ作れるならもっと早くやっとけ、っつう話だ。

やーと。の悲喜交々鳥日記の拍手トップ ←それぞれの記事へ頂戴した拍手コメントとお返事がまとめて見れます
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/437-919aa25e

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ