新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仮の名は「ナナシ」

ちょっと慌ただしくて(年末なもんで)ブログを書けなかったのですが、鳩ヒナのこと
書かないとまた死んだかと心配されるので^^;ツイッターに体重だけ書いてました。

今日の写真は撮ってないのですが、昨日と一昨日の分を載せます。
たった1日の間にすごく成長します。
挿餌するのにケースを開けるたびに筆毛が増え大きくなってるのが分かります。

挿餌の鳩ヒナ8日齢63g
    ↑
これは12/20(8日齢)で63gのときの写真です。

これは12/21(9日齢)で74gのときの写真です。
    ↓
挿餌の鳩ヒナ9日齢74g

今日は10日齢になりますが体重は83gになっています。

体重の推移をテバとハチの表に重ねて書いています。まだ名前がないので「ナナシ」
    ↓
挿餌の鳩ヒナの体重増加

テバハチは可哀想でした。この表を見ると思い出して泣けてくるほど。
ハチは18日の間生きてもナナシの4日齢の体重にさえなれずに死んでしまいましたし
テバも25日齢まで生きましたが、それでも最高時74gにしかなれませんでした。

ナナシは10日齢で83g、体重増加はスムーズでとても元気に成長中です。
しかし、フリルバックのヒナたち(まだ巣立ってません)の時と比べると
やはり親が育てたヒナはもっと早く大きくなったと思いますし、
ヒナの体型としても、ボッテリムチムチしたボリュームがナナシは足りないと思います。
フリルバックのヒナたちははち切れそうに太っていましたから。

ナナシは無事に育て上げたい。
多少ボリューム感に欠けますが痩せてるわけじゃないし、親鳩にはかなわなくても
一応は順調なのではないかと思います。

このまま無事に育って一人餌になったら、
そのときは「鳩ヒナの育雛のしかた」みたいなものを自分の経験で書いておきたいです。

やーと。の悲喜交々鳥日記の拍手トップ ←各記事へ戴いた拍手コメントとお返事が一覧できます
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 13:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/422-2e5fa3db

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。