新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

白ハル風邪をひく

昨日は床に落とされて冷え冷えになってた黒ジャコ様のヒナを保護して育てることになり
慌ててしまって何かとたいへんだったのだが
だいたいこんな時には同時に他の鳥にも問題が起きることが多い。

アキクサ小屋の床に放しているウズラたちだが、複数羽の子が目をつぶっていた。
両目ともふさがってる子もいて・・・いつから?^^;
そんなに放ったらかしにしてるわけじゃないので当日からだと思いたいが^^;
鳩用のサイフォン式水入れを使ってるので飲み水に抗生物質を溶かした。
これで効くと思うが・・・こころなし今日は少し良くなったように感じる。

ウズラは目の症状だけで元気だったから隔離せずにすんで良かったが
セキセイ小屋のほうでは1羽しかいない白ハルクインが‘鳥ぼっくり’になっていた。

開いた松ぼっくりみたいになってたわけよ。
いかにも「具合悪いです~~~」という表情して床にうずくまっていた。
雑居ケージでこういう子が出ると、セキセイって皆で弱った子を突つき殺したりする。
あれは何でなのか。

あぶないので急いで保護。
気づくの遅れると喰われちゃってる時あるし。セキセイは可愛いが、そゆとこコワイ。


ドキシサイクリン(抗生物質)をカニューレでぶちこみ小さいカゴに入れて加温したら
夜までには‘鳥ぼっくり’から通常の状態に復帰。
目にも元気が出てきた。

隔離カゴ(メタルメッシュの端切れで自作)拡大

やせてないので前から調子悪かったわけではなさそうだ。
前夜冷え込んだので風邪をひいたような状態だったのかな。


このカゴは禽舎を作った時の金網の端切れで作ったもの。
顕微鏡検査用のフンを採取するのに使っている。
このカゴに鳥を入れ、白い紙の上に置いてフンをするのを待つのだ。

この手のメタルメッシュはホームセンターなどで市販してないので気軽に買えないが
切りっぱなしでOKなところがこのような小物作りにも利用できて何かと便利だ。


小さいカゴ(メタルメッシュの端切れで自作)
   ↑
(ファンヒーターの上に乗せられている白ハルちゃん)

フン採取用のカゴ、とかいいながら
もうあと今日1日だけこのカゴに入ってもらって様子をみさせていただきましょう。


ところで先日巣立った「青い子」に続いて(ちょっと間があきましたが)
黄色いようなミドリなような子も巣立ちました。まだ小ちゃい。

巣立ちヒナ(セキセイ)拡大

黄ハルなのだがノーマルに近いなぁ。黒いとこが多い。
ダークグリーンだ。ふつう黄ハルってハデなのだが、この子は地味だ。

やーと。の悲喜交々鳥日記の拍手トップ ←各記事へ戴いた拍手コメントとお返事が一覧できます
関連記事

| インコ類 | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/418-379c0313

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ