新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

さよならテバちゃん

テバが昨夜遅くに亡くなりました。力尽きてしまったんですね。
食べる気だけはあっても消化器が働いてないようでソノウから全く餌が落ちなかったです。
絶食してても濃い緑色の「絶食便」というのが出るものなのですが、それも出なかった。
水分も吸収できてないので最後は脱水状態だったと思います。

運がよければ育て上げることができるかもと思っていましたが・・・
だめだったですね~~~~~~25日間も頑張ってくれたんですがね。

やはり親が齧ったうえに巣から落としたような仔は難しいんでしょうかね。
親が放棄した仔は育たない仔だから無駄だと今までさんざん言われていて、
それが当たってなくもない事は知っているんですが、それでも「運が良ければ」と思うし
ヒナに問題があって放棄するのでなく親の都合?で放棄する場合があるとしたら
それなら育つのではないかと思うのですよね。

ま、でもたとえ無駄だと分かっていたとて同じです。
見つけたときにヒナが生きていたなら私には拾って育てるしか選択肢がないんですから。

うまく育て上げることができたら、そのコツとかをまとめて書こうと思っていましたし
実際いろいろわかったこともあるのですが(インコやフィンチと同じじゃだめなんです)
2羽とも死んでしまったので何も書けなくなってしまいました。やはり成功してないとね。

でも鳩の初生雛からの人工育雛が不可能といわれているのは、実は可能だそうですよ。
naoさんが海外の文献を探してくれましたが、やってる人はやってるんです。
ちょっとキモチの整理がついたらそれも踏まえ、経験して判ったこと等いずれ書いてみます。


さて、本日の鳩小屋内ではspフリルバックのヒナたちが一段と可愛くなっています^^

鳩ヒナ20日齢(その2)

鳩ヒナ20日齢(その1)

どうでしょう、このボッテリとした下っ腹は。ピンクの肌もいかにも美味そうです。
私の片手ではつかみ上げられないぶっとさですし、重いです。250gはあるはずです。
20日齢でこれくらいです。イッチョマエに威嚇するようにもなり可愛いです。


テバは25日齢でも70g、そして片手にスッポリ握れてしまうサイズでした。
これは小さいとか痩せてるとかいう次元のハナシじゃなく、異常だと思います。
育て方がまずかったのだとしても、それだけのせいなら25日間も生きてなく
もっと早くに死んでいたと思います。
自分のせいで死んだんじゃない、と思いたいのも多少ありますが、
私はそれほど感情的ではないです。

もしまた同じようなことがあったら今度は経験値が上がった分だけうまくやれると思います。
でもこんなことはもう無いほうがいいです。
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 16:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/408-428f8ca9

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ