新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

むずかしいです

すごく気が重くて何も書く気になれないくらい。
テバもあぶなそうです。悪い予感は当たるかもしれません。

ハチが死んでしまった時と同じように、調子良いかと喜んでいたら急に状態が悪化する。
まったくフンをしなくなる。つまり食べた餌が腸にまで降りて行ってない。
なのでソノウから餌が落ちて行かない。
それとも、ソノウから落ちて行かないから腸にも行かないのか。どっちかだ。

たぶんテバも助からない気がする。
週末は夫が家にいるが、週末(土日)に具合悪くなった鳥は助からないというジンクスがある。
誰にも吠えない犬が繋いであるその家の前を夫が通るたび、夫だけはメチャ吠えつかれる。
そういう奴なので、良からぬ何かを持っているんだろう。
すごく悪い予感がする。もう祈るようなキモチだ。


鳩小屋ではspフリルのヒナたちが大きくなっている。そりゃもうヤんなるくらい。
テバが70gほどしかないのに、テバより5日も後で生まれたのに彼らときたら・・・
量ったわけではないが

<参考>
447グラム→黒ジャコビンの‘足毛くん’がヒナのころ
350グラム→同じく‘足毛くん’がもうちょっと小さいころ
256グラム→ハンガリアンの♀がヒナのころ
215グラム→同じくハンガリアンの♀がまだ筆毛ツクツクしてるころ
    ↑
これを参考にしたところ、350gの‘足毛くん’と256gの‘ハンガリ♀ヒナ’の中間くらいの感じだ。
デップリと肥えてるので300gはあるかもしれないなぁ。

テバもハチも大きくならない。食滞がどうのという問題とは別みたいだ。
いくつか体におかしな部分がある。
写真を撮ってないので、明日生きてたら撮って書いておこうと思う。


今日はこんな写真を載せてみる。

ヤマダデンキの広告塔の中がドバトのねぐら
ヤマダデンキの広告塔の中がドバトのねぐら2
     ↑
うちの近所のヤ○ダデンキだが、広告塔の上部(ライトのところ)にハトがたくさん止まっているのが見えるかな。
夕方4時(日暮れ直前)クルマで通りかかったらこの上空をドバトの群れが旋回していた。
白い鳩が3羽いた。うちの鳩たちだ(うちへ来る鳩たちだ)。
うちで3時に餌を食べてここへ帰ってきたのだ。
いつも何処から来て何処へ帰るのかと思っていたが、ひとつの群れはここから来るようだ。

翌朝、夫を駅に送って7時前にここを通ったら、広告塔の中からも鳩たちが出てきた。
そしてその一群は私の家のほうへ飛んで行った。
朝のゴハンの時間は7時だからね。私のクルマより先に行って待ってるんだ。
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/406-6d1cac0f

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。