新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

追込み小屋の錦華雛

今日も暑かった。
夜になってもそれほど寒くなさそうなので今夜は鳩小屋の南側、ビニール張ってない。
風もないし、まぁ大丈夫でしょ。

鳩は強いので伊勢くらいの気候なら真冬でもビシッとビニールで覆ったりしなくても平気だ。
でも今、鳥かごに入ったウスユキバトが同居してるのと、
黒ジャコ様ペアが久しぶりに抱卵してるので大事をとってるのだ。やや大げさ気味。

強いといえば錦華鳥だってセキセイだってオカメにしたって寒さには強いと思うが
夜風には当てるもんじゃない。
日暮れ時におだやかでも夜中に風が出ることもあるので彼らの禽舎は夕方にはビニールを張る。

で、夕方キンカチョウの禽舎を見回ったらヒナが孵っていた。

0911008錦華鳥ヒナ

50羽だったか60羽だったか忘れたが(おい!)それくらいを放してある追い込みだ。
その中にたった2個だけ巣箱がかけてある。
なぜたったの2個なのか。
巣引きをさせようと思ってのことでなく止まり木がわりに付けてるだけなのだった。

このヒナたち(3羽確実にいる。4羽かもしれない)は昨日からいたかもしれない。
抜け羽根とかゴミみたいな物を巣箱に運び入れてたので、奥の方の汚い色のものをゴミだと思っていたかもしれない。
今日もじつはチラと見てゴミだと思っていちど通り過ぎ、えっ!?と二度見してしまった。
ゴミが口をあけてたからだ。

錦華鳥(キンカチョウ)の禽舎内
    ↑
母親は中央(アルミ線の左側)に写ってる 「BBフォーン /ob」。
父親は今んとこ不明(気にして見てなかったため)。
明日よく観察してパパを特定しようと思う。
 ★翌朝追記:父親はアルミ線で吊り下げてある止まり木の、右から4番目の「LB PNG」でした。


ところで今月に入ってからほとんど毎日オカメ禽舎の裏に出没する三毛猫。
        ↓
091108最近よく来るミケ猫

あ~~シッポが撮れてなかった~。
どんなシッポだったかな。中途半端な長さの真っすぐなシッポだったかな。
目ヤニついててちょっと汚れた顔してるけど飼い猫だろうね。
だといいけど、最悪は「妊娠したから捨てられたメス猫」っていうケース。
そういうメス猫を昔よく拾って苦労したこと思い出した。
関連記事

| 錦華鳥 キンカチョウ | 23:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/379-de7c18b6

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ