新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

情けなくなる時

情けなくなる時。それは自分が病気になったり怪我をした時。

風邪をひくのはたまには仕方ないが、それが夫にうつされた風邪なのが腹立つ。

昨日は熱が少しあって怠かったのだが、夜になったら38.8℃まで上がって
頭がボヤ~としてきた。
起き上がるのもつらかったのだが夫を駅まで迎えに行かねばならない。
帰ってきたら帰ってきたで何か食べさせてやらねばならない。
ほんっっとうに動くのが辛かったのだが
「飲み物は?酒ないの?」と言われた時は情けなくて泣きそうになった。
飲みたいなら自分で用意するということは考えられないのか。

熱があって辛い、くらいじゃ駄目なんだ。
無理してでも立ててしまうと動けると思われる。
動けるなら「使える」と思われてしまう。
死ぬ間際に意識がなくなってバタっと倒れるまでは使う気なんだろうなと思う。
意識がなくなって倒れる前にはフライパンで頭を殴ってやりたいと料理しながら思う。

先週の中日新聞の投書コーナーにこんなのが載っていた。

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。

●私のは?
上げ膳据え膳当たり前。飲んだお茶も片付けるのは私。
私が寝込んだときに自分の分だけお寿司を買ってくるなんて。
ひどすぎる!(夫の再教育をしたい妻)

●ねぎらいの言葉
風邪で熱があっても夫の食事をつくり、後片付けをする私。
夫のねぎらいの言葉は
「いいよいいよ、明日洗えば」
あなたが洗うという選択肢はないの?(考え直してほしい主婦)

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。

そ~か~。そうなんだね。。。。と思ってやっぱり情けなかった。
関連記事

| 雑感とか(グチ多し) | 08:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/359-2624cb10

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ