新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キンカチョウ

私は「距離」が分からないヒトなんです、と前にも書いたが
よく行く「うなぎ屋」‘まつもと’まで何kmだろとクルマの距離表示を見てた。
家から13kmだった。
その先に、さらによく行くホームセンターがあるのだが、そこまで14km。

錦華鳥(キンカチョウ)ノーマル♂
 先に言っときますが今回の3枚の写真はかなり昔のもので本文とは関係ありません

そのホームセンター内にペットショップ(チェーン展開の)があるのだが
やめときゃいいのにそこに小鳥も売っている。
ま、でも昔に比べたら小型の鳥しか置かなくなっただけマシになったか。

その店には恨みが、とまで言わないが、良い感情を持ってない。

昔はナナクサやココノエなど中型インコも置いていた。
開店したばかりだったから見栄えのする大きい鳥を「見せる」ために置いてたのかもしれない。
こんなイナカのホームセンターで数万円も出して鳥を買うヒトいるわけない。
売れるのは1980円のセキセイのヒナくらいだ。

そんな中、文鳥が入ってるのと同じ小ささの鳥かごに入れられた中型インコのペアたちは1年以上たっても売れずどんどんボロボロになっていった。
もう見るのが怖かった。
ペアの片方が死に、残された1羽はクチバシがノドまで伸びて餌を食べるのも困難であろうに放ったらかしだった。
その後やはりその鳥も死んだようだった。

おそろしいことに、店員はアルバイトみたいな若い子で鳥のことを何も分からず、しかも改善するよう言っても権限がないからといって何も対処をしなかった。
ボロボロで今にも死にそうな病気の鳥に、入荷した時の高価な値札をつけたまま。

怖くて見れないその店を、ある日なぜだか見てしまったら、
開店当時に美しくて欲しかったミカヅキインコのペアが1年以上経って病気になり今にも死にそうに売られていた。

見なければよかったが見てしまったので買ってしまった。
税込みで5万ちょっと払った。
もちろんそれは入荷した時の美しく健康だった時の値段だ。

買う前に「この鳥いまにも死にそうじゃないか!」と言ったのだが
片目が膿んで飛び出し、羽毛を逆立て苦しそうに呼吸するその鳥を前にして店員は
「そうですかぁ?この鳥はこんなんですけどねぇ」と言った。

その後、奇跡的に(と私は思っている)そのミカヅキインコは死ななかったが
それを生かすためには買ったとき支払った5万円をはるかに超える治療費と
半年以上の通院と看護・投薬が必要だった。

そんなわけで、そのホームセンターにはよく行くしペット用品も買うが
鳥が置いてあるブースにはその後絶対に入らず遠くからチラと見るだけだった。

ものすごい前置きが長くなってしまったが、
その禁断の「鳥ブース」に昨日ついに6年ぶりに入ってしまったという話だ。

ノーマルペンギン♂+梵天フォーンペンギン♀

しかもそこでキンカチョウが売られていて
「‘並キンカ’が1羽.2480円もするんだって?へぇ~~!」というだけの話だ。

ちなみに‘古代キンカ’(グレーイザベル)も2480円。
ブラックチークがいたのだが、それも‘並キンカ’として2480円。
そしてすべて♂も♀も同価格であった。・・・高くね?値上がりしたの?

シードフィーダーの殻受け

そもそもなんで禁断の場所に入ってしまったかというと
行くなと言ってるのに夫が「鳥さん♪鳥さん♪」といって入ってしまうからだ。
いつもは放っとくのだが昨日は「来て!見て!ツクツーがいるよ」と呼ぶからだ。
                 (*ツクツーとは錦華鳥のこと)
コドモかお前は!
腹が立ってイッパツ殴って黙らせようとしてうっかり入ってしまったのだ。


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです!

  お帰りの際にはキンカさん↓をポチッとお願いします^^
      にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]1
関連記事

| 錦華鳥 キンカチョウ | 23:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/337-d2427c45

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。