新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病鳥とかヒナとか

昨日は色々悩んだ結果、思いきってナナクサのプーちゃんを小牧(愛知県)の病院へ連れて行った。
こちらの獣医さんでソノウ液とフンの検査などしてもらい悪い菌や原虫などいないことは判っているのだが、一向に元気回復しないためまた別の見立てもあるかと片道3時間だが出かけてみた。

元気なく弱った鳥を車に乗せ揺らせるのは却って悪化させそうで心配だったが「診て」もらうには仕方がない。
小牧の獣医さんは昔ミカヅキインコの月也で長くお世話になった。
その時からとても信頼している。(・・・のだが遠すぎて滅多な事では行けない)

結果、当然ではあるがやはりハッキリとした直接原因は見つからなかった。
が、水を多飲することから肝機能に問題があるかもしれないということで強肝剤と代謝を助ける薬、少しソノウ液が粘っていることから抗生剤と消炎剤、そのほか漢方薬などを処方してくれた。
どのみちカニューレで強制給餌しているので投薬は問題なく確実にできる。
この薬が効いて回復してくるといいのだが。


さて小牧から帰り早速、待たせていた子鳩&オカメ雛&コガネ&盲目FCに挿し餌。

ヒナinリトルママ
   ↑
オカメ雛はこのように掟破りのリトルママ飼育をしていたわけだが
中の敷き紙を交換しようとしてウッカリ傾けてしまった。
湿度を与えるために水が入っているので内部の機械部分に溢れてしまい、デジタル表示がおかしくなってしまった。
ファンも回らない。やばい。ショートさせてしまったか。

ミニ孵卵器リトルママ
   ↑
そもそもリトルママは孵卵器であり育雛器ではないのだ。
良い子はまねしてはいけません。(私だけですか悪い子は)

リトルママでヒナが孵化
   ↑
ヒナが孵ったら温度が安定してるので3日くらいはそのまま入れててもいいと思いますが。

リトルママ内部
   ↑   機械部に水を溢れさせたリトルママを分解し掃除する
フンをたくさんするようになると送風スリットや底部の穴からフンのかけらが機械部に入ってしまう。
今回、水に加えてそれらも入っててもうヒドイ。
ホントに「良い子はマネしちゃいけません」だよね。

悪い子(わしじゃ)にバチが当たって壊れたかと思ったが、
すぐ拭き取り乾燥させたら直った。神様ありがとう。反省しました。

孵卵器オクタゴン10
   ↑   あの!この写真の人は私でなくババですからね!体型と服のセンス><
リトルママでは反省したが、懲りもせずオクタゴン(これも孵卵器)に雛を移した。
これは大丈夫よ。水入ってないし配線も出てないから。
でも本当の育雛器ほしい~~~。
関連記事

| 器具・用品・餌 | 19:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/240-5dc101c4

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。