新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう限界

いまさっき某鳥専門誌が届いた。
もう定期購読を止めようと思って2月号の分まで振り込み済みの購読料だが
それ以降は更新していない。

その後の分を送金しなければ購読中止として取り扱うとのことだったので
もう送ってこないと思っていたのだが3月号も4月号も送られてきた。
引き続きよろしくと振り込み用紙つきで。

内容が良いのならば当然引き続き購読する。
まぁそれなり、であってもダラダラ購読を続けるかもしれない。
しかしもう我慢も限界。

記事が集まらないのだろうが、それにしてもひどい。
昔の記事の再録ばかりだが、何十年も昔の記事では間違いが多すぎ。
その当時はそれで通ってたかもしれないが、品種名や遺伝のしかたなど何十年も経った現在ではナンセンスになってしまった古い古い間違った情報をさも当たり前のように堂々と載せてる。
某誌の編集部はインターネットをやらない、というのは有名な話だが
きょうびインターネットをやらずして新しい情報など得られない。

今回もう我慢の限界に達したのは、その間違った大昔の(錦華鳥の)記事の中になぜか私の名前が突然出てくるからというのもある。

私はキンカフリークというHPをやってるが、編集部は知らないのだろう。
間違えた古い情報がまかり通っていた現状を何とかしようと鳥友さんたちに協力していただき錦華鳥のミューテーションや遺伝の最新情報を広めたいと思ってやってきたことだ。
たくさんの人の協力を仰いだからには責任もある。いいかげんな事は書いてない。
海外サイトからの情報でも自分達で検証してから書いている。

今日とどいた某誌には1987年に書かれた錦華鳥の記事が載っているが、
いま何年だと思ってる。2009年だよ? 22年前の記事!
それが飼育技術についての記事なら昔の技術も参考になろうが、品種や掛け合わせについての記事なので今見ると間違いばかりだ。

こんなのを今どき堂々と載せたところに「伊勢の山本氏によると」といきなり私の名前が出てくる。
冗談ではない。私はこういう間違った情報がまかり通ってる錦華鳥を何とかしたくて頑張っていたのに。

また別のページ(これも古~い記事)には私が3年前くらいに送った写真
        ↓
 モヒカン梵天PNG♀
        ↑
これが使われていて「伊勢の山本氏はこの巻き毛錦華鳥をモヒカン梵天と命名した」と書かれている。
・・・・べつに命名してない。
単に梵天のできそこないの逆立ったやつを友だちのぽっちーさんが「モヒカンみたいで可愛いね」と言ってくれたのに気を良くして仲間うちでそう呼んで遊んでいるだけだ。
キンカフリークの梵天のページにもこう書いている。
         ↓
BONTEN拡大

でも某誌がああいうページに「山本が命名した」などという書き方するとどうなる。
またこれで間違った情報が発信されて私もそれに加担していることになる。
もうこんなのたくさんだ。
でも私はこうやって文句たれていられるだけ良いが、
もうとっくに亡くなった人の記事もよく再掲載されているが、生きておられたら当時の古い記事をそのまま載せることに文句ないだろうか。時が経ち、直したいところが絶対あるはずだ。
関連記事

| 錦華鳥 キンカチョウ | 13:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/203-e7fe37ef

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。