新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

碧鳥(ヘキチョウ)

このところ、コキンやヘキチョウがよく鳴く(♂がさえずる)。
キンカもさえずっているが、これは年中そうだから別にして。

♂のさえずりは♀にアピールしているわけで繁殖行動だ。今いい時期みたい。
ヘキチョウはめったに鳴かない。
だが鳴いてくれないと♂♀の判断がつかない。

私はどうやら今まで雌雄判別を間違えていたみたいだ。
♀だと思っていた個体が最近さかんにさえずるのだ。これ♂だ。

   ヘキチョウ♂

とにかく判別が正されたので部屋変えをした。
♂と確定したコは十姉妹♀とペアにした。ヘキ同士では仔がとれないから。

   ヘキチョウ♂♀

長い期間を無駄にしてしまった。雌雄判別を間違えたせいで。
おかしいな。いつから間違えていたんだろう。
昨日今日飼い始めたわけじゃない。もう5年も飼っているのだ。
はじめの頃にちゃんとさえずりで判断して足輪色で分けたはずなのに。

      ヘキチョウFeb2004
          ↑    
この写真の撮影日が2004年2月22日になっている。いちばん古い。
私は2月になんか鳥を買わない。
だからヘキチョウはその前の年、2003年の秋あたりに買ったと思う。

だからうちのヘキチョウたちは、もう6歳くらいなのだろうか。
まだ若々しいのだけどなぁ。

すばしっこくて写真が撮れない。普段からキビキビしてるし。
捕まえると噛んでくるし。それがけっこうキツイし。
文鳥より体が小さいぶん痛みも小さいだけで、気の強さは似てると思う。
ヘキに噛まれると昔々に飼っていた手乗り文鳥のブンちゃんを思い出す。

ところでヘキチョウのさえずりって面白い。声はとてもとても小さいのだが。
「上空から物が落ちてくる」のをあらわす「効果音」みたいなかんじ。
     ヒュ───────────────────
関連記事

| その他のフィンチ | 22:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/190-0b87463b

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。