新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アキクサの遺伝

秋草インコは丈夫で大人しく可愛く性格が良いので大好きです。
ピンク色をした鳥は珍しいのでローズ(オパーリン)が好きですねー。
あ、もちろんルビノーなんてもっといいのですが、体質はやっぱりローズのほうが強いみたい。

 ローズ♂ ルビノー♀

好きな鳥アキクサインコの遺伝について質問を受けたので答えてみます。

------------------------------------------
ノ-マルspルビノ-♂とルビノー♀を組んだ場合ですが、(このルビノ-♀の親はわかりません)
生まれる仔は、♂雛、♀雛の半数がルビノ-現物で、残り半数がロ-ズspルビノ-♂、ノ-マルspルビノ-♂とロ-ズ♀とノーマル♀が生まれるのでしょうか。
-------------------------------------------


生まれるヒナは・・・・・

♂雛、♀雛の半数がルビノー現物、というのは正解です。
ですが残り半数は♂雛♀雛ともに、すべてノーマルです。
その中で♂雛だけはルビノースプリットを持ちます(=ノーマルspルビノー)。
♀雛はただのノーマルです。


「ルビノー」とは「ルチノーオパーリン」のことです。その遺伝子は性染色体上にあります。
でもこれは「ルチノー」と「オパーリン」を1個ずつ持っているのとは違います。
その2つがくっついて1つになったもの=「ルビノー」を持っているのです。
ですからそれは基本的には「ルチノー」と「オパーリン」にバラケたりしません。

---------------------------------------------
また、ルビノ-がルチノ-・オパ-リン(ロ-ズ)との事なので、ルビノ-の♂、♀を交配するとルチノ-も生まれるのでしょうか。
-----------------------------------------------


上記のように基本的にはバラケないのでルチノーは出ません。
ルビノー同士を交配すれば、生まれる子はすべてルビノーです。


ちょっと難しい話になるのですが、
「ルビノーの♂」は、2本ある性染色体のどちらにも「ルビノー遺伝子」を載せています。
もし仮に、どっちかの「ルビノー」がバラケて「ルチノー」あるいは「オパーリン」が飛び出しても、座席(遺伝子座)は埋まっています。行くところがありません。
だからつまりバラケないのです。

同様に「ルビノーの♀」にしても、♀の性染色体は1本しかないのでバラケても行くところ(載る遺伝子座)がありません。だからこれもバラケないのです。


ではなぜ「絶対に」ではなく「基本的にはバラケない」と書くのか。
実はごくまれにバラケるケースがあるのです。
それは♂のノーマルspルビノーにおいて起こります。

ノーマルspルビノーは当然♂ですから、2本の性染色体を持っています。
その片方にルビノー遺伝子を載せています。
しかしもう片方はノーマルな状態(遺伝子座があいている)です。
この♂鳥が子供に遺伝子を伝達する場合、正常なら
「ノーマルを伝達する」か「ルビノーを伝達する」かのどちらかです。

しかしまれに伝達の前段階でルビノーがバラケて
ノーマルな方の性染色体(空席あり)に載ってしまい
片方に「ルチノー」もう片方に「オパーリン」というような状態になり得るのです。

ここで文頭に戻ってください。
私は最初の質問で「ノーマルspルビノー♂」×「ルビノー♀」のペアからは
雛は「ルビノー現物」と「ただのノーマル」しか生まれないと書いています。
基本的にはこうなんです。
しかし基本からはずれて、まれにバラケた場合は
この交配から「ルビノー」が出ず「ルチノー」や「オパーリン」が生まれることもあり得るのです。

しかしこんなことが起こるかどうかは予測できません。
神のちょっとした手違いなので、遺伝学的に交配結果(雛の品種)を考えるとき、当てにすべきでありません。

さらにもうひとつ。
まれに「バラケる」ことがあるのなら「くっつく」こともあり得ます。
これは「♂のノーマルspルチノー、オパーリン」で起こります。
この鳥は「ルチノー」と「オパーリン」を交配して生まれた♂鳥ですが
表現型ノーマルで、片方の性染色体にルチノー、もう片方にオパーリンを載せた♂です。
この鳥が子供に遺伝子を伝達するとき、
「バラケる」の逆の「くっつく」が起こり、片方の性染色体にルチノーオパーリン=ルビノー遺伝子となって載ってしまうというケースです。

そうなった場合「♂のノーマルspルチノー、オパーリン」を使った交配では
ルビノーの子供が生まれるわけがないのに「ルビノー現物♀」が生まれます。

しかしそれは滅多にあることではありません。神のいたずらです。
しかしまた、この世で最初のルビノーはそうやって出来たということです。


-------------------------------------------
どこかで、ファロ-は常染色体上の劣性遺伝とか、書いてあったように記憶しているのですが。
そうであれば、ロ-ズspピンクファロ-の雌は、存在する訳ですね。
---------------------------------------------


存在しますよ。(ただしローズspファローですけどね)
「ピンクファロー」というのは「ローズ・ファロー」のことなので
ローズspピンクファローという表現は重複してますね。
ファローは常染色体劣性ですから♀でもスプリットを持てます。

ちなみにルビノーは性染色体で、ファローは常染色体ですから
「ルビノーspファロー」というのも♂♀ともに存在するわけです。
さらにそれ同士をペアにすれば「ルビノーファロー」が出来てしまうわけです。

でも私「ルビノーファロー」が「ルビノー」と見た目どう違うのか分りません。
ルビノーよりも色合いが淡くなるんだったかな。赤目はどっちも赤目だし。

たしか海外にアキクサMutationの写真がたくさん出てるススンだサイトがあったと思います。私もあとでもっかい見てみます。ここです。
http://www.bourkes-parakeet.nl/pg/E-version.html


関連記事

| インコ類 | 12:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/178-80c30fca

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。