新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

変型嘴の改善

9月18日の鳥日記↓
http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/blog-entry-101.html

そんなこんなで、クチバシが変な形になっていたセキセイ雛。
あれから2ヶ月以上経ち、今は雛換羽期に入っているが、
クチバシはほとんど正常になった。

  巣立ち時 最初こんな姿で巣立って驚いた
      ↓
  途中経過 いったん長くなり悪化したようにも見えたが
      ↓
  成型後 ニッパーで徒長分をカット
      ↓
  改善 現在の改善したクチバシ

一ヶ月半ほど経ったとき、長く伸びていて心配になったが、クチバシのカーブが正常に近付いてきていたので治りつつあるのだとも思った。

先端の方はもろい感じに見えたので、そのまま放っておいても塩土など齧るうちに短く削れていったのかもしれないがニッパーでカットしてみた。
やはり徒長分は堅くなく、力を入れなくてもカットできてしまった。

しかし内部のほうから新しい嘴の組織が出来上がってきていてそこは堅かった。
クチバシは常にそのように新しく作られていて古い外層は時期がきたら剥がれていくのが正常だ。

その後一度、紙やすりを指に巻いて少し成型をしたことがあるが、
あとは半月近く何もしていない。
でももう伸びてはこないし質も堅いので「治った」と言ってよいと思う。
よかったよかった。

関連記事

| インコ類 | 20:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/135-26e18552

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ