新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

3日前の写真ですが

写真は撮るんだけどブログをなかなか書けなくて……
PCからの更新は面倒くさいんだよなぁ
かといってスマホからだとリンクとか過去の写真を引っ張ってきたりできないし。
それに、なんせ文字打ち激遅だしな。キーボードでないと。

てなワケで、Twitterには16日に写真上げたけど
ブログは今頃になって3日遅れで更新。


▼ 12月15日 ヒナが孵っていた!
131216フラン♂と初仔ノエル

擬卵に差し替えてあったはずなのだが、生み足したらしい。
ヒナ1羽と、一緒に写っているのは擬卵。


▼ 早々と命名:ノエル 2013.12.15孵化 フラン×シエルの初仔
131216ノエル(孵化翌日)

ノエルってフランス語でクリスマスのことだよね。
12月生まれだからこの名でいいよね、母の名はシエルで似てるし(^^;)>
ちなみにシエルはフランス語で「空」という意味。
しかし父の名がフランとはうまい偶然だ(^^;)>


▼ フランシエル  
131219フラン♂(手前)とシエル♀

彼らはふたりともボーズだがクレストのスプリット持ち。
そういうふたりからクレステッドが生まれる確率は25%。
4羽に1羽の確率だが、さてノエルはどう出るかな。
そして足毛、ふたりとも足毛があるが
そんなケースからでも足毛のない仔が出来たりすんのがよくワカラン。
ノエルはどんな姿になるのか。

羽色にしても、いろいろ楽しみだが
彼らにとって初めてのヒナなので、上手く育て上げてくれるかちょっと心配。



さて、
ほかのペアの育雛中のヒナたち。


▼ 摩耶愛宕  2013.12.05生まれ  カイト♂×アサリの初仔
131216摩耶愛宕12日齢

撮影時12日齢。
やけに黒いが、羽色は茶が入っているようだ。母似だねー。
現在もうちょっと大きくなってるはずなので
今度撮影したら2羽の違いも出てるだろう。
そのときにどっちが摩耶でどっちが愛宕か決めたいと思う^^;


▼ キリ(右) と シト 2013.12.04生まれ アノン×シキミの三番仔
131216キリ(白)とシト13日齢

撮影時13日齢。
アノン×シキミのペアからはいつも色分けされた同じタイプの2羽が孵るなぁ。

ちなみに初仔はシエサウーレ。2013.02.02生まれ。
二番仔はオセロペール。2013.04.04生まれ。

そして三番仔になるキリシトもやっぱり(゚o゚;

あ!そして!
12月6日の記事にこう書いたが
     ↓
アノンはクレステッド(表現型)だが、シキミはクレストのスプリットだ。
このペアからクレステッドの仔が生まれる確率は50%なのだが
これまで生まれたシエサ.ウーレ.オセロ.ペールは4羽ともクレステッドだった。
だから今回生まれた三番仔たちは2羽ともボーズになる確率が高いな〜。

とか書いてたのに

なんと、キリシトは2羽ともクレステッドではないか!(゚o゚;
おかしい(^^;)
遺伝の法則にもとづく計算を無視してるなw
でもまぁ、確率が前倒しになってるだけなんだろうな。
そんなに仔を生めるわけもないがもし生涯に100羽生んだとしたら
そのときクレストとボーズが50羽ずつくらいに出来てるはずだ。
確率ってそゆもんでしょ(^^;)>



        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
  
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1186-861864d2

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ