新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

順調に育っているよ

ブログ更新をサボッている間にもヒナたちはスクスクと成長し……

ていうか、何日サボりましたか

えぇっ!? 10日も!? 私の感覚では3〜4日なんですが



ま、そんなこんなしてる間に、こうなりました。
   
      (前回UPしたヒナたちの様子は→こちら 2013.11.20


▼ 陸奥  2013.10.20生まれ  ゼッケンツヴァイの二番仔
131201陸奥

水死体かッ!? と埋葬してしまいそうになった陸奥だが
仮死状態から復活してからは危なげなところもなく、すこぶる元気。
突つかれてハゲていた頭部の羽毛も復活しつつある。
黒かった目(光彩)の色が変化してきた。
右目は“銀目”になると思う。左目は黒のままだと思う。オッドアイになるな。
羽色は……灰色じゃない。
ベージュっていうか、なんか微妙な色。バーや首周りもダークブラウンていうか…
なんかよくわからない色なので成鳥羽になるまで結論先送り。


▼ 長門(右)  2013.10.20生まれ  ゼッケンツヴァイの二番仔
131201陸奥長門

同腹兄弟の長門
巣立ち後に、他鳩に突つかれてやはりハゲにされたので保護してきたが
すこぶる元気。でも大人しい性格。ハゲは直りつつある。
長門は両目とも“銀目”に変化しつつある。

陸奥長門、二番仔たちは2羽とも足毛がとても長い。
ゼッケン(ハンガリアン ジャイアント ハウスピジョン)に似たらしい。

ちなみに初仔のメノウロムは2羽とも黒目で足毛が無い。


すでに室内鳩となってるメノウとの兄弟ご対面。

▼ メノウ  2013.07.08生まれ  ゼッケンツヴァイの初仔
131201メノウ

絶賛雛換羽中だがやっぱイエローはきれいな色だね。パンチは効いてないけどね。
やわらかくて優しい羽色だ。

だけど攻撃的〜〜(^o^;) 弟妹たちをイジメちゃだめ〜

131201陸奥長門メノウ

大人しい長門がけっこう互角に応戦してたのは意外だったわ。


▼ ロム  2013.07.08生まれ  ゼッケンツヴァイの初仔
131201ロム

メノウの同腹ロム
こちらは鳩小屋にいるので今どの程度 換羽が進行してるのか
抜け落ちた羽毛を確認できないのでよくわからないが
だんだんフリルもよく出てきたし毛並みがキレイだ。



さて、鳩小屋でまだ巣箱にいるヒナたちは……


▼ 白雪  2013.11.05生まれ  マルク×アルトの二番仔
131130白雪

真っ白だが純白(レセッシブホワイト)ではなく、どうやら過剰なパイド。
クレストの先っぽに、わずか〜〜にレッドの羽毛が混じってる。
アルトと同じ羽色ってことだな。
脚毛も足毛も長いねぇ。“レッグの毛”と“フットの毛”(^ω^)


▼ 吹雪  2013.11.05生まれ  マルク×アルトの二番仔
131130吹雪

吹雪は“アッシュレッド ダークチェック”のグリズル。
マルクと同じだ。顔は成長とともに白くなってくるかもしれない。
白雪ほどではないが足毛がある。




▼ 球磨 多磨  2013.11.11生まれ  バーレス♂×バニーレの四番仔
131130球磨多磨

羽色がわからないうちに名前を決めたので、どっちがどっちか。
灰色のほうを球磨にしよう。茶色いほうを多磨

茶色い多磨は父バーレスの色だし、母バニーレも地色はレッドだから納得だが

球磨のほう、母バニーレの同腹兄のアッシュにそっくりだ。
            ↓
バニーレ♀(左) と アッシュ
130306バニーレ130103アッシュ

バニーレ♀(左) と アッシュ♂ の ヒナ時代
121113アッシュ&バニーレ
        ↑
このアッシュ(右)のヒナ時代、球磨とそっくりだ。
母方の伯父さん似。


ところで最後に、こんなのも撮れてたので載せてしまうが

▼ ランジュ  2010.09.30生まれ  カリタ♂×リリコの初仔
131130ランジュ

球磨と多磨がいる巣箱にいるのは……
茶色いのでパッと見バーレスかと思ってたら、ランジュではないか。
たまたまここに止まっただけのようだが。

ランジュバーレスの元妻だ。
長く連れ添って、何度も産卵抱卵を繰り返して来たのだが
一度もヒナが孵ったことがなかった。
当家のペアリングは鳩まかせなのでバーレス二世はだから諦めていた。
それが今年の後半に入ってからバーレスが急にバニーレに乗り換え。
奥さんが変わったとたんに7月に初仔→→11月に四番仔、と立て続けに8羽を輩出。

相性ってあるのかなやっぱり。わからんものだな。

で、べつにランジュは夫に逃げられたとも思ってないようで
未練がましくも寂しそうでもなく、元々そうだが“ぽや〜ん”としてる。
ランジュはすごく体が大きくて、デカイ卵を生むので
誰か相性のいい♂が夫になってくれれば良い仔が生まれるかもしれないのにね。



        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
  
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1180-1343dac3

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。