新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

患者さんがいっぱい

基本、鳥は屋外の小屋で飼っているのだが
ケガしたとか高齢とか弱ってるぽいのとか明らかに病気だ、とかいうのは
自宅内に連れてきて治療したり療養させたりしている。

最初っから手乗りで室内飼育しているぐぐる(コガネメキシコ)なんてのもいるが。

オカメ1羽、マメルリハ2羽、サザナミ1羽、キンカチョウ1羽、
ウスユキバト1羽、ジュズカケバト1羽、
これらが治療や療養を経てけっきょく屋外へ帰せず室内飼いになってるもの。

それと!忘れるとこだったが手乗り鳩メノウもいるじゃないか!



ここへきて、またまた増えてしまったよ(ーー;)

まずは、一昨日、大きい方の鳩小屋から保護してきた2羽。

▼ シロイ♀(手前)  ナナ
131119ナナ♀(黒)&シロイ♀

この2羽、血縁はないが共に2007年生まれ。
まだ年寄りっていう年齢ではないと思うが最近くたびれてきていた。
♀は7年くらいでガクッと老け込むやつがいるので
彼女らもそうなんだな、と思っていたら

弱々しく動きの鈍いやつをイジメるもんなんだよね(-"-;)どーぶつって。
鳩はだいたい頭を攻撃するね。彼女たち頭にケガを負ってしまった。
抵抗出来ないのにひどくイジメられて萎縮してしまい座ったまま動かない。

まる1日ダメだったけど、やっと少し元気出てきたかな。


若い頃のシロイナナ ↓

▼ シロイ♀  2010年撮影
シロイ♀

▼ ナナ ♀  2010年撮影
101024ナナ♀

シロイナナも、今うちにいる鳩たちの根幹鳩ですよ。始祖ですよ。
功労鳩でもあり長生きしてほしいので大事大事するよ。



もひとつ、

18日の夕方に起きた事件。

陸奥が水死体に!?

鳩小屋(小)のほうの水場は→こんなふう なんだけど、
ここに浸かったまま固まっていたの。

目を閉じ、翼を閉じ、首も足もすくめて、固くなってた。
頭もクチバシも、もちろん全身冷たくなってたし
そのまま埋めてしまっていいくらいのレベルで死んでた、と思ったのだが。

でも過去にオカメでもハトでも
親に放棄されて冷たく固くなってたヒナが温めたら復活した事があったので
ダメモトですぐに洗面台に湯をはり「お風呂」させたら生き返った。


▼ 復活(T_T) 陸奥 生まれてちょうど1ヶ月になりました
131119陸奥3

131119陸奥2

数日前にも巣から落ちて他の鳩に頭を突つかれケガをしてた陸奥
上の写真では光ってしまって写ってないけど
ケガした直後はこんな様子で↓
     ↓
ヒナ鳩の頭のケガ

今はこんなカンジ。キズは深くないので多分大丈夫、カサブタ状態。
    ↓
131119陸奥4


冷えきった体をすぐに温めたいときはお風呂が一番早くて効果ある。
急にドボンと湯につけちゃダメだけど、足とかオシリからゆっくり。

3分くらいで口を開けたので生きてる!?とドキドキし、
5分くらいで足を動かした。
10分で目も見開き首を動かし回りを見ようとしはじめたので
あ〜〜〜これなら大丈夫!とホッッッとしたよ(;▽;)


131119陸奥7

131119陸奥8


生後30日だから巣立ちだったんだろう。兄弟の長門はまだ巣にいるけど。
大人の鳩達にいじめられて逃げてるうちに水場にハマッてしまったのだろう。
レンガを沈めてあるので出れなくはなかったはずだが
脱出しようにも出たら突つかれるしで“流し”から出られなかったのか。

どれくらいの時間浸かっていたのだろう
発見がたまたま間に合ってなかったら、あのまま死んでた。
すまないことをした(T_T)

いま現在、とても元気でよく食べいいフンしている。
挿し餌で育てて、独り立ちしたら小屋へ帰す予定だが未定。



      にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]1
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^
  
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1177-df7f1a0f

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ