新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

なれなれしさレベル

いや〜〜〜(^o^;) そういや11月だったね!4日だよ今日!

でも今日、日中暑いですよ。私の住んでるところは、ですが。


私はできるだけ半袖を着てたい人なので
いま、部屋ん中ではまだ半袖Tシャツでいます。

しかし外出する際には、例え半袖でイケそうな体感気温であっても
この時期に半袖ではオカシイ人に見られるので仕方なく長袖を着る……
あと、朝夕はさすがに涼しいので長袖のものを羽織ったりするが。
でももうこれからは急速に冬の寒さに向かってしまうんだろうかなぁ。

鳩小屋で世話をするとき長袖を着ていると袖口が濡れたり汚れたりする。
水を使うときなど袖をたくし上げるのだが
作業中にズリ落ちてきちゃう。

なので作業着として「かっぽう着」を装着するのだが。
あれって袖口にゴムが入ってるので落ちてこなくてイイんだよね。
ただ……

作業って何でもそうだけど、反っくり返ってやらないじゃん。
だいたい姿勢としては前屈みだったりしゃがんだりじゃん。

鳩小屋で世話してると、なれなれしい鳩が背中に乗ってくるんだよね。
失礼な奴なんか、背中にうんこしたりしやがるんだよね。

なのに「かっぽう着」って、アレ背中がぱっくり開いてんじゃん('A`)
そこがネック、、、だ、、
あっ!!
書いてて思いついたけど後ろ前に着たらどうかな!
・・・・・・着れるんかな???



どうでもいぃぃ────ことを書いてしまったが


挿し餌で育てたわけでもないのに懐っこい奴って、いる。
ま、だいたい鳩じたいが懐きやすい鳥なので人を怖がったりしないが
それでも私の体に平気で乗ってくる奴は限られている。

▼ 限られた なれなれしい奴 の一部
131101エバ

ここに写ってる白い奴はエバ、左に見切れている灰栗はラシャ

こやつら、普通に親鳩に育てられて大きくなった子らで
私はぜんぜん触ってないんだが・・・・なぜかえらくなれなれしい。

挿し餌で手をかけて育て上げてもなつかないドライな子もいるので適性というか
ま、そういう図々しい性格なんだろう。


▼ エバ  2013.05.28生まれ  ツェーン♂×ミライ♀の初仔
131102エバ
131102エバ2

エバは左目がパールアイで右目が黒目だ。
現在まだ換羽完成してないので首周りがボソボソだが
スパニッシュジャコビンとフリルバックのMIXということがよくわかる
両品種の中間をとったクレストの形と曖昧な巻き毛だ。

プレイバック
   ↓
▼ 餌箱の中で孵化したエバであった
130601エバ(5日齢)

▼ そのまま餌入れの中で育ち大きくなったエバ
130616エバ1

こんなトコで抱卵→孵化→育雛までやりとげるのだから
考えてみれば親ペアもたいがい図々しい奴らだったよな。



▼ ラシャ  2013.08.11生まれ  バーレス♂×バニーレ♀の二番仔
131101ラシャ2
131101ラシャ

まだ生まれて3ヶ月経ってないのでこれはヒナ羽だが
首周りの色は濃くなって少しテリテリも出てきてる。
なんとなくだけど♂じゃないかと思うな……図々しいのはだいたい♂だよ。

色としては父バーレスと同じ灰栗(アッシュレッド)だが
チェッカーではなく母ゆずりのスーティが出て
雨覆の部分に二引のラインの色が薄くかすれたようにだけ乗っている。

バーレスは灰栗でもダークチェッカーなので
背翼面全体が、二引のラインの栗色で埋め尽くされている。

父そっくりな仔ができるわけはないので(母があれだし)それはともかく、
パイド因子やグリズルが過剰に出て白勝ちな外観な鳩ばっかりの当家において
白い羽毛が入ってない子ができたことは嬉しい。

パイドやグリズルで白くすることは簡単だし、
そのまま代を重ねればどんどん白の面積が増えてしまう。
そうなった当家でノーマルに戻すにはパイドではない鳩が要った。

欲しくて入手したわけじゃないのだが
舞い込んできた元レース鳩のバーレスさんが役目を担ってくれたわけだ。
あ、それと、帰せなかった保護ドバトたちも。
ちなみに彼らはチェッカー因子を当家に持ち込んでもいる。


プレイバック
   ↓
▼ 父バーレスさんと・クチバシの黒いのがラシャ
130818ピケ(左)&ラシャと父バーレス

▼ 左がラシャ・右が兄弟のピケ
130901ピケ(右)とラシャ(左)

ピケのほうは全然なつっこくない性格、ていうかそれが普通だが。

ピケは父バーレスに似てダークチェックになったので翼面全体が栗色になったが
バーレスがスプリットで持っているであろうパイド因子と
母のパイド因子をダブルでもらったようで、やっぱりパイド表現なのであった。
でも白の分量が少なめだからバーレス様のおかげだ。




       たまちゃんバナー
当ブログは現在ランキングには不参加ですが 沢山の鳥ブログに出会えますので↑ぜひ村にお出かけください♪
  
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 15:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1172-d9af58d3

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ