新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

色々っつかイロイロ

今日も暑かったな…… それを理由にな〜んにもできなかった(=しなかった)
あ、選挙投票には行った。


▼ シエサ
130719シエサ

白黒はっきりしたシエサ
「こういうタイプはきっとこのまま変わらないな」と言ってたが
雛換羽で変身してしまう子が多い我が家において
やっぱりシエサは変わらなかったな。

▼ そのシエサが…… 巣ごもりを始めた
130721シエサ

卵を生んだかもしれない。
え〜と、2月2日生まれだから生後5ヶ月と20日… 鳩って早熟だな。そんなもんか。

さて、ヒナのときとルックスが変わらなかったシエサに対して同胎のウーレ

▼ ウーレ(幼鳥羽のとき) 
130329ウーレ
この模様が気に入ってたのでこのまま残ってくれれば、と願っていたのだが

▼ 本日撮影のウーレ  ……こうなってしまった
130704ウーレ
ちょっと目を離したすきに、すっかり白くなっちゃって(^_^;)


変わる子も変わらない子もいるねぇ。
黒い子はおおむね変わらないみたいだけどね。


▼ 3月29日撮影のナスカ(幼鳥羽)
130329ナスカ

▼ そして本日撮影のナスカ(生後半年・成鳥羽)
130721ナスカ
生え替わったけど変わってないねー

しかしナスカと同胎のフマナは……

▼ フマナ(幼鳥羽のとき)
130329フマナ
 ↓
▼ そして昨日撮影のフマナ
130719フマナ
白っぽい子はよりいっそう白くなってしまう法則があるようだ(我が家の場合)


黒い子の画像3連発いってみようか。

まず3月8日生まれのノイエネオのきょうだい。


▼ ノイエ 
130618ノイエ

▼ ネオ
130721ネオ

ノイエネオ、ともに雛換羽まっ最中なので
古い羽毛と新しい羽毛が混在してるせいでマダラにはなってるが
黒い羽毛の分量はヒナのときと変わってない。ネオなんか真っ黒だ。


そして、真っ黒といえば これまでネオただ1羽しかいなかったのだが
いつだっけ、もう1ヶ月くらいになる?飛べなくて保護した黒いドバト。
  →『保護した黒いドバト』2013.06.16
あの子けっきょく飛ばせないまま、なしくずしに飼っている。

▼ クロ と名付けました(まんまやん^^;)
130721クロ(保護ドバト)
インコ小屋に放してあるのだが
まだ何だかお腹とか風切羽とかがネットリしてる気がする。
いっかい生え替わらないと直らないかも。
もういっそウチの子にしてしまおうと思っている。



【例外】白くても更なる白化をまぬがれた子ロッカ

▼ ロッカ
130720ロッカ
3月8日生まれなのでやはり現在雛換羽中なのだが
幼鳥のときの色柄がクッキリぎみになりつつ残ってる♪
よしよし そのままでいてね。

▼ ロッカと同胎の シシィ
130721シシィ
左頬にだけ薄い黒斑があったのだけど消失してしまった!
でもまぁいいか、それくらい。だってどうせ他ぜんぶ元々まっ白だもん。



ところで話は変わるが、この洋書↓

EXTRA ORDINARY pigeons (洋書)

数々の品種のショーピジョンが全カラーで紹介されているのだが
色の名前が書いてあるので自分とこの鳩の色と同じのを探してみたりする。
(といっても、私の知りたい「ミューテーションの名前」ではなく
「ショー基準の色の呼び名」であるのだが。でもとても参考になる。)

そこで「あっ!これウチのよくわからん色のアノ子とそっくり!」
などと思ってその写真の色の説明を見ると、

『A.O.C』と書いてあることがままあって('A`)となる。


これはショー(品評会)用語で、「その他の色」のことである。

つまりショーの審査基準となる決められた色(スタンダードカラー)には
「レッド」とか「ブラック」とか「イエロー」とか
それらの「スプラッシュ」だとか、さまざまな色があるが

『A.O.C』はそれ以外の「当てはまらない」ものを指す。
Any Other Colorの頭文字である。

っつーことで、わけ分からん色は結局分からん色なのである。



       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]2
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1114-b89805aa

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ