新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

実はまだヒナが(^^;

内緒にしていたわけじゃないのだが
いや、やっぱ何かが後ろめたくて隠してたのか

今まで書かなかったが実は16日に2羽のヒナが孵化している。

▼ キセキ♀ と サカキ
130518キセキ♀(白)とサカキ♂

大きい方の鳩小屋のすみっこ、またしても床で(ーー;)

当初どっちが♂か♀か分からなかったのだが
キセキ(白)とサカキ(黒)がペアになり抱卵をはじめていた。

初めての産卵抱卵だし、なにせ床だし、どうせ失敗すると踏んでたし
でも血の遠いペアだから万が一ヒナが孵っちゃってもいいか〜
などというどっち付かずな優柔不断で擬卵差し替えを迷っていたら

ヒナが孵ってしまった(^o^;)


▼ サカキ と 初仔2羽 2013.05.16孵化
130517サカキ

いつ見ても、夕方の見回り時も、常にサカキが抱卵していたので
それにまるの血筋の黒い仔はこれまで皆♀だったので
私はサカキが♀なんだと思っていた。


このペア初めての育雛なので心配ではあったが
この頃、他ペアからのヒナ3羽を保護して人工育雛中(今も)で手一杯だったので
きっと上手くやってくれるだろうとの希望的観測でそのままにしていた。

しかし数日後、ヒナが1羽、少し離れた所に転がされていた(-"-;)

鳩って転がった卵やヒナをクチバシで寄せて戻す、みたいな事はしないんかな。
しないんだろうな、まぁいいや。
頻繁に様子を見に行っていてよかった。


で、ヒナを親の腹の下に戻し、
再度転がり出ることのないようにレンガで防波堤、じゃないや囲いをしてみた。


▼ サカキ♂ 育雛中 3013.05.18撮影
130518サカキ

いきなりこんな物を側に置かれて、彼ら嫌がってヒナを放棄する心配もあったが

全然気にしないどころか安心したように、つまり気に入ってくれたようだ。


▼ キセキ♀ 育雛中 2013.05.21撮影
130521キセキ

それと、ヒナが孵ってからはキセキがやけに熱心になり
かいがいしくヒナの世話をし。夕方早くから当番交代するようになった。

そのことにより、やっと雌雄判別が確定となった(^_^;)遅い。


▼ キセキ と 初仔(6日齢) 2013.05.21撮影
130521キセキ2

キセキが♀だったんだな……( ̄∇ ̄;)


この、庭にほったらかされてたレンガは役に立った。

なんか、ここに立って敵(?)が来ないように見張ってるサカキは男らしいし(笑)


▼ サカキ♂ と キセキ♀  2013.05.21撮影
130521キセキ♀(白)とサカキ♂

ところで話が逸れるが、

キセキも我が家に一番多い「クレスト付きの白いハト」だが
彼女は「変身するタイプ」じゃなく「最初っから白いタイプ」だった。
うちでは珍しいことに尾だけグレーなんだよな。

こういう白い色抜けが進んだ子(行き過ぎたパイド表現)って
元ネタが何なのか分からなくて困る。



さて、

最後に、今朝撮ってきたヒナ画像を。(ついでに命名!)


▼ 命名:ジョイ と ファン 8日齢 2013.05.23撮影
130523ジョイとファン(孵化8日目)

ちょっと2羽の大きさに差があるけど、このくらい大丈夫でしょう。

それにしても、親が自育してるヒナって
なんてコロコロしていて可愛いのだろう……o(;△;)o


あ〜〜 それと、この子たちが巣立つまでは床を水洗いできない。
それまではヘラでガリガリやって箒で『四角い部屋を丸く掃く』続行しかないか。




       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^
関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 11:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1100-188712f3

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ