新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

2時間おきの挿し餌

昨日夕方に保護してきたハトヒナ、とても元気です。

 命名:マフ 2013.05.01生まれ
130503マフ25g拡大

さっき量ってみたら25gだった。
卵がすごくデカイやつだったので孵ったときから大きかったとは思うが
昨日保護した時点での日齢がハッキリとは分からない。
当日孵化じゃない気がする。前日か……
キリのいいところで5月1日生まれってことにしとこうと思う。

ケガした箇所が腰のあたりで幸い、首とか胸とかだったらまずかったかも。
今のところよく動くしよく食べてくれるのでホッとしたところ。

ラウディブッシュ社のフォーミュラ3にバードベネバックを加えて与えてるが
ソノウいっぱい食べさせても(飲ませても)2時間後にはペコちゃんになってるので
忙しいっす(´Д`)

でも消化が速いのは嬉しいこと、
このまま食滞さえしなけりゃ上手く育ってくれると思ってるが。


保温は37.5℃セットで育雛器に入れてる。
ヒナを平らなところに置くと足が開いてしまうので、小皿を利用。

130503鳩ヒナ用皿拡大

キッチンペーパーでくるんで
130503鳩ヒナ用皿2拡大

ヒナを座らせる   ぴったりサイズ^^
130503鳩ヒナ用皿3拡大

足指にまでウブ毛が生えてるなぁ。母似の足毛が出てくれるかな。

こうやって皿に座らせた状態で古い孵卵器を再利用した育雛器に入れてるが、
じつは日齢の浅い雛用にベルバードさんのコレが欲しい→ミニエコ
と思ってる(>_<)
安いしな…… 悩むなぁ…… 買おうかな……


ところで、

マフのご両親だが、普段あまり存在感がないのでブログにも登場せず
だから写真もほとんど撮れてないのだが、過去の写真を引っ張り出して貼ります。


マフの父:仰天(B)   2010.04.26保護  年齢不明
仰天B♂(ドバト)
見ての通りのドバトくんだ。

よく登場する仰天(C)に似てるが彼より気が強い。
まったく飛べず地面を歩き回っている。
首はそれほど“仰天”しないが、
ときどき自分の尾を追うような感じでクルクル回転してる時がある(^_^;)
仰天(A)(B)(C)ともに病気の後遺症で今はこうなってるが、
先天的な障碍じゃないのでヒナへの心配はしてない。


マフの母:ヘプタ  2011.04.24生まれ
ヘプタ♀拡大
カリタリリコの4番仔。

同腹兄妹のオクタはもう5回も繁殖してるのでたびたびブログに登場してるし
現在もその5番仔の「うぶ毛のないヒナ」を育雛中だ。

でもヘプタは大人しくて目立たなくて長らく性別も不確定で^^;
そんな子だがこうやって写真で見るとけっこう美人だ。
目も黒目でカワイイしな(^.^)



      にほんブログ村8
当ブログはランキング参加してませんが↑楽しい鳥ブログとの出会いを求めてぜひ行ってみてください^^

関連記事

| ハト・鳩・観賞鳩 | 10:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/tb.php/1081-49fcb28e

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ