2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

洗われたドバトたち

昨日はブログ書かなかったけど雨が降ってね、
その前日に保護したドバト2羽、あれを保護できてて良かったなと思ってね。

インコ小屋の中で元気にしている。
ま、もともと元気はあったんだけど飛べないだけで。

捕獲されていきなりJOYで洗われたショックはさして引きずってないようだ。


▼ 灰二引
130729保護ドバト(灰二引)

▼ 黒ゴマ
130729保護ドバト(黒ゴマ)

そう!この黒ちゃん

洗う前は全体的に黒い鳩だと思っていたのだが
洗って乾いてみたら、どうやら黒胡麻だったみたい。
ダークチェッカーというやつです。

この子ちょっと羽毛が抜け落ちてて薄毛なので黒がまだらだ。
ダークチェッカーなのかもしかするとTパターンチェッカーかもしれないが
どっちにしてもスプレッドでなくチェッカーだ。

ま、どっちでもいいが

いっかい捕まえて手触りを確かめたい。
洗う前のあのネットリ感がなくなってるかどうか。



     にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]5
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 10:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

保護ドバト謎の汚れ

昨日も晴れ、今日も晴れ、そして連日猛暑です。

そんな暑気あたり気味の今日、
飛べなくなったドバトを2羽、庭で保護した。べつにシャレではない。

飛べないドバトといえば雨の日に保護することが多いが今日はどうしたことか。


まず、お昼の買い出しから帰宅、そのときクルマで轢きそうになり保護。

▼ 灰二引の若鳩 バタバタするが50cmの高さにしか飛べず逃げ回るだけ
130728保護ドバト灰二引1

 濡れてもないのに羽毛が束々になってて汚れたかんじ
130728保護ドバト灰二引2

灰色部分の色が茶色っぽくくすんでいても幼鳥羽の特徴だからいいのだが
それを差し引いても全体に薄汚れている印象。

手触りもシットリというかネットリというか、なんともいえずヤな感じ^^;
臭くはないのだが。

そして風切羽や尾羽など大きい羽毛がやたら痛んでいる。

夫に昼ゴハンを作ってやらねばならないので(#-_-)
とりあえず灰二引ちゃんをインコ小屋に放り込む。
インコ小屋には今回同様の状況で1ヶ月前に保護したクロちゃんがすでにいる。


さて、午後4時頃、猫が鳴くので庭に出てみると…… さらにもう1羽


▼ 黒い若鳩  この子も灰二引ちゃんと全くおなじ状態
130728保護ドバト黒3

 やはりネットリした手触りで風切羽や尾羽がボロボロになってる
130728保護ドバト黒2

 途中で折れて千切れてしまってる風切もあり歯抜け状態
130728保護ドバト黒1

何なのだろう? 濡れてもいないのに濡れたような見た目。
分からないがゼッタイ何か付着している。ただのヨゴレじゃない。

この手触り、何に似ているかというと

ペイント薄め液(シンナー的な)をボロきれに染み込ませて筆を拭き取り
それを放置して液体が揮発して乾いたあとのボロきれ、みたいな。
そう、それにとっても近いんだよなぁ……


1ヶ月前に保護したクロちゃんは洗わずそのままインコ小屋の住人になってるが
今回の2羽、黒ちゃん(かぶった!)と灰二引ちゃんは洗ってみることにした。


 お湯に台所洗剤のJOYを溶かして浸け洗いすると!!お湯の色が〜
130728保護ドバト黒4

ちなみにJOYは油汚れ落とす目的なら鳩に使って大丈夫。
(保護団体が重油禍に遭った海鳥を洗うのに使う海外製の洗剤と同じ成分)
ただし絶対に羽はこすらず、湯を手で揺らして羽をゆらゆらさせて洗う。

何度も湯を替えてゆすぐ。

 黒ちゃん洗い上がりました(*´Д`)=з
130728保護ドバト黒5

水気を取るときも絶対に羽はこすらず
タオルで軽くつつんでしずくを取ったあと、ペーパータオルに染み込ませて。

 灰二引ちゃんも洗いました おなじくらい湯が汚れました
130728保護ドバト灰二引3

暑い時期で幸い。今回ドライヤーなどは使いませんでした。

しばらくは保護観察の身となる2羽です。
風切羽の修復がされないと飛べないでしょうね、どれくらいかかるだろう。

しかし鳩は扱いが楽でこんな時は助かる。
噛み付かないし鳴き叫んだりもしない。たいして暴れずあきらめがいいし。
インコ類だったらこうはいかんて。ショック死するかもしれんし。




       たまちゃんバナー
当ブログは現在ランキングには不参加ですが 沢山の鳥ブログに出会えますので↑ぜひ村にお出かけください♪
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 12:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サリフ撮り直し^^;

昨夜UPした記事のサリフの写真がなんか納得できないので(色が.ね)
          ↓
130726サリフ

撮りなおし〜〜〜
   

130727サリフ

灰二引(ブルー・バー)のパイドかも?なんて思ってたが

ヒナだから黒っぽいのかなと思ってたが

ちょっと違かったみたい……?


ほんとのブルー・バーのヒナは↓(右の子がそれ:マップ)
120704ビット(左)とマップ

どんななるんやろ もしかして黒か(^_^;)完成をたのしみに待つ(^o^;)




       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]2
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 14:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日撮影のヒナたち

7月18日の記事『人間は暑いのですが』のその後。


呉羽(くれは:右) と 珠緒(たまお:左)  2013.07.03生まれ
130726呉羽と珠緒(手前)
バーレスバニーレの初仔
また今日もピンボケてしまった^^;



サリフ  2013.07.03生まれ
130726サリフ
アッシュビットの初仔
やけに黒く見えるんだけど、もしかすると灰二引とかかも〜?
まだ羽色よくわからない(^_^;)



ゼプト(右) と ヨクト   2013.07.05生まれ
130726ゼプト(右)&ヨクト
オクタドライの六番仔
ゼプトが「レッドのパイド」でヨクトが「アッシュレッドのパイド」ですね。



ロム   2013.07.08生まれ
130726ロム
ゼッケンツヴァイの初仔
やはり母親似。↓
130726ツヴァイ♀と初仔ロム



メノウ   2013.07.08生まれ
130726メノウ
ゼッケンツヴァイの初仔……なのか
コハクシエルの初仔……なのか、どちらか未だ不明^^;

やっと羽軸が開き始めた〜〜 でも頭はまだツルッパゲ。
羽色はうすいベージュつかクリームつか、
なんだろ、ジュズカケバトみたいな色。






     にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]5
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皮よりヘタを取れよ

これが何かというと、湯剥きしたミニトマトですね。

130724湯剥きしたミニトマト(-

皮を剥く前は美味しそうだったんですけどね。

いえ私が剥いたんじゃないですし。
私はこんな盛りつけ方もしませんし。


「これ食べな、皮剥いてあるから食べやすいし美味しいよ」
と言われたのですが、私こんなの食べられません。
実の母が相手なので思ったまま言ってやりましたが。

私、わりと見た目で食べる物を判断するので汚らしいもの食べる気おきません。
うちの母の作る料理はだいたい汚らしいのですが何故なんでしょう。
ただのトマトがこのありさまなので他は推して知るべし。

食材の切り方が粗いしセンスがないし
食器にも無頓着だし盛りつけ方もメチャクチャだったりする。
ああいうの、何なんでしょう。

昔からそうだったわけで、私はこの母の料理を見て食べて育ってきたので
今更、まったくもって今更、こんなことを問題にするのもおかしいのですが。

でもアレですね、
実の母だからハッキリ言ってやれるからいいですね。(言っても直りゃしませんが)
こういう他人だと困りますね。
よそへ行って手作りの食べ物出されて勧められると。
こんなもん喰えるかとちゃぶ台ひっくり返すわけに行かないですしね。

だいたい私、よく知らない人がその手でこねくり回して作った物を食べられません。
いや、料理人、つかお店で出されるものはいいんですよ、プロですから。
だから宅配ピザとか出前の寿司とか出されるのがいいですね。
鍋物なんて家族でも時にはいやですよ。
父(ジジイ)が箸をつっこむともう美味しくないですし。
そもそも鍋ものだの大皿に盛って皆で突っつくなど、そういう食べ方がイヤですね。
手作りのお菓子とかも相手によります。
良く知ってる好きな相手が作ったやつならいいですが
そうでないなら不二家のホームパイでも出してくれたほうが。個包装されてるんで。

いつもだいたい私は夫のことをボロクソ言いますが
えぇ、このブログでも、書く時はだいたいボロクソですが、
しかし非常に数少ない良い所は
食べ物に対するこういうところが私と似ているところですね。



             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| 雑感とか(グチ多し) | 22:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猛暑でもハトってば

暑い!
なんか今日は関東のほうゲリラ豪雨がすごかったってね?
気温も下がったとか聞いたけど?
でもこっちは酷暑だよ〜〜〜
焼けそう いや湿度も高いので煮えそう 煮溶かされそう( ̄д ̄;)


こんな暑さの中、ハトはすごいな つうかハトって奴は……というか、

あちこちでポコポコと卵を生んでいるので集めて回るのがたいへんだ。
よくこんな季節に繁殖しようとするもんだと思う。
猛暑の真夏は休んだらどうなんだ。
それに今、すごく羽が抜けて換羽まっさかりで体力も余計に使ってるはずだろうに。

疲れを知らん奴らだ。そのパワーを少しください。



昨日、抱卵してるのを発見したシエサだが……
130719シエサ2

ペアの相手が誰なのか分かってなかった。それが今日判明。

シエサとバトンタッチして抱卵してたのはオレオだった!
130723オレオ

オレオって♂だったんだな^^; それも今日判明したことになる。
今日撮った抱卵中の写真はボケちゃったので

(2ヶ月前に撮ったやつだけど)オレオ ちゃんと撮れてるやつ
130505オレオ

まだコドモだと思ってたのに、こうやって次々ペアが出来ていくのね(-"-;)




さて、子育て奮闘中の本日のバーレスさん
130723バーレス

バーレスの羽毛は換羽が進んでないようだ、古い羽毛のままに見える。
たぶん今の子育てが一段落したらドッと抜けそう。

さて、バーレスバニーレの初仔たち、


本日撮影 21日齢の呉羽(奥)と珠緒
130723呉羽と珠緒(21日齢)

珠緒の色は薄いな〜 マルクがこんなだったな。→マルクが幼鳥羽のとき

あと10日で巣立つな。
そのあと1週間くらいは餌をねだられるのだろうけど、
そこまでは親たち頑張ってね!


仲良く初の子育てをしてるバーレス♂(左)とバニーレ
130723バーレス♂(左)とバニーレ♀

ヒナが大きくなって巣箱に入れないので隣の箱にいる2羽。
それに暑いのでヒナに寄り添わなくていい季節だしね!( ̄д ̄;)暑





      にほんブログ村8
当ブログはランキング参加してませんが↑楽しい鳥ブログとの出会いを求めてぜひ行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

色々っつかイロイロ

今日も暑かったな…… それを理由にな〜んにもできなかった(=しなかった)
あ、選挙投票には行った。


▼ シエサ
130719シエサ

白黒はっきりしたシエサ
「こういうタイプはきっとこのまま変わらないな」と言ってたが
雛換羽で変身してしまう子が多い我が家において
やっぱりシエサは変わらなかったな。

▼ そのシエサが…… 巣ごもりを始めた
130721シエサ

卵を生んだかもしれない。
え〜と、2月2日生まれだから生後5ヶ月と20日… 鳩って早熟だな。そんなもんか。

さて、ヒナのときとルックスが変わらなかったシエサに対して同胎のウーレ

▼ ウーレ(幼鳥羽のとき) 
130329ウーレ
この模様が気に入ってたのでこのまま残ってくれれば、と願っていたのだが

▼ 本日撮影のウーレ  ……こうなってしまった
130704ウーレ
ちょっと目を離したすきに、すっかり白くなっちゃって(^_^;)


変わる子も変わらない子もいるねぇ。
黒い子はおおむね変わらないみたいだけどね。


▼ 3月29日撮影のナスカ(幼鳥羽)
130329ナスカ

▼ そして本日撮影のナスカ(生後半年・成鳥羽)
130721ナスカ
生え替わったけど変わってないねー

しかしナスカと同胎のフマナは……

▼ フマナ(幼鳥羽のとき)
130329フマナ
 ↓
▼ そして昨日撮影のフマナ
130719フマナ
白っぽい子はよりいっそう白くなってしまう法則があるようだ(我が家の場合)


黒い子の画像3連発いってみようか。

まず3月8日生まれのノイエネオのきょうだい。


▼ ノイエ 
130618ノイエ

▼ ネオ
130721ネオ

ノイエネオ、ともに雛換羽まっ最中なので
古い羽毛と新しい羽毛が混在してるせいでマダラにはなってるが
黒い羽毛の分量はヒナのときと変わってない。ネオなんか真っ黒だ。


そして、真っ黒といえば これまでネオただ1羽しかいなかったのだが
いつだっけ、もう1ヶ月くらいになる?飛べなくて保護した黒いドバト。
  →『保護した黒いドバト』2013.06.16
あの子けっきょく飛ばせないまま、なしくずしに飼っている。

▼ クロ と名付けました(まんまやん^^;)
130721クロ(保護ドバト)
インコ小屋に放してあるのだが
まだ何だかお腹とか風切羽とかがネットリしてる気がする。
いっかい生え替わらないと直らないかも。
もういっそウチの子にしてしまおうと思っている。



【例外】白くても更なる白化をまぬがれた子ロッカ

▼ ロッカ
130720ロッカ
3月8日生まれなのでやはり現在雛換羽中なのだが
幼鳥のときの色柄がクッキリぎみになりつつ残ってる♪
よしよし そのままでいてね。

▼ ロッカと同胎の シシィ
130721シシィ
左頬にだけ薄い黒斑があったのだけど消失してしまった!
でもまぁいいか、それくらい。だってどうせ他ぜんぶ元々まっ白だもん。



ところで話は変わるが、この洋書↓

EXTRA ORDINARY pigeons (洋書)

数々の品種のショーピジョンが全カラーで紹介されているのだが
色の名前が書いてあるので自分とこの鳩の色と同じのを探してみたりする。
(といっても、私の知りたい「ミューテーションの名前」ではなく
「ショー基準の色の呼び名」であるのだが。でもとても参考になる。)

そこで「あっ!これウチのよくわからん色のアノ子とそっくり!」
などと思ってその写真の色の説明を見ると、

『A.O.C』と書いてあることがままあって('A`)となる。


これはショー(品評会)用語で、「その他の色」のことである。

つまりショーの審査基準となる決められた色(スタンダードカラー)には
「レッド」とか「ブラック」とか「イエロー」とか
それらの「スプラッシュ」だとか、さまざまな色があるが

『A.O.C』はそれ以外の「当てはまらない」ものを指す。
Any Other Colorの頭文字である。

っつーことで、わけ分からん色は結局分からん色なのである。



       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]2
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シエルの羽色って?

一昨日の記事で「まだ皮膚に色も出てなく……」と書いたメノウだが、
やっとツクツクが出てきた。


メノウ  2013.07.08生まれ
130720メノウ1

130720メノウ2

ウブ毛が無い子なので もろ鶏肉!って感じでアレだが
いや、そのわりには人工育雛のため肥えておらず旨そうじゃないのが悲しいが。

色羽が生えてくるエリアにはそこの皮膚に色がつくのだが
あんまり分からない。
少なくとも両肩には色羽が生えるようだが、たぶん淡い羽色なんじゃないかな。
灰色じゃないようだ、茶系かなベージュのような。


ところでこのメノウだが、上の棚から落ちてきたのでは?などと考えずに
普通に『床で抱卵してたコハク♂×シエル♀の初仔』と素直に思いたい本当は。
でもどうなのかなぁ(-"-;)
…………やっぱ、ちゃんと育った姿を見てからもっかい悩もう(^_^;)


で、いま名前の出たシエル……
普段ほとんどブログに登場しないのでこのさい出しとくか^^;

シエルの羽色が(うち、鳩160羽くらいいるのだが)彼女1羽しかいない気がする。

ま、でも白が多いので、その肝心な『色』の部分が少ししか出てない。
もっと広い面積を見てみないとハッキリと色を判定しづらいな。


2012年7月4日の シエル
120704シエル

2013年4月12日の シエル
130412シエル

そして本日の シエル
130720シエル


写真の色調整がどうの、ってわけじゃなく、
ほんとに だんだん色が変わってきてるの。
褪せてきてんのかとも思うけど、いやまだ若いしさ。

全体がこの色、っていう鳩を見たいよ。生んでくれないかな^^;




        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
 

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間は暑いのですが

ヒナたちは元気に育ってます。暑いので親はほぼ巣にいませんが。

前回掲載のヒナたちの、本日撮影写真。

この時期は筆毛が開き始めて可愛くなるのでこれからだな。


呉羽(くれは:左) と 珠緒(たまお:右)  2013.07.03生まれ
130718呉羽珠緒
バーレスバニーレの初仔

皮膚の色素が濃かった呉羽(左)のほうが羽色が淡いようだ。
でもこっちがバーレス似かな、と思うけどどうだろう。

右の珠緒はクッキリと茶色だなぁ。
でも写真がボケちゃって分かりにくいので次回は綺麗に撮りたい。




サリフ  2013.07.03生まれ
130718サリフ
アッシュビットの初仔

これも写真がボケてるのだが、羽色はグレーのようだ。
今の感じすごく地味そうだがコントラストくっきりしてくれるといいんだけどな。




ゼプト(手前) と ヨクト   2013.07.05生まれ
130718ゼプト&ヨクト
オクタドライの六番仔

この親ペアからの仔たちはやっぱり美形だな。
今回も白いとこと色のとこがクッキリ分かれててキレイ。
手前のゼクトみたいな茶色の子は初めて出たんじゃないかな。




ロム   2013.07.08生まれ
130718ロム
ゼッケンツヴァイの初仔

灰色かな、母親似みたい。
ゼッケンは長い足毛なのにロムは足毛生えてないし。



メノウ   2013.07.08生まれ
130718メノウ
ゼッケンツヴァイの初仔……なのか
コハクシエルの初仔……なのか、どちらか未だ不明^^;

ロムの同腹兄弟かもしれないし同日孵化なのだが
メノウは比べるとこんなにまだ幼いし小さいし筆毛も出てないし。
人工育雛なので生育遅いのは毎度の事だ。

しかしそろそろ(柄があるのなら)皮膚に色が出て来るはずなのだが
まだ全身ピンクだし……
そもそもウブ毛も無いしなぁ(^o^;)
何色の羽毛が生えてくるんだろう。楽しみだけど真っ白だったりしてな。





        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| ハト・鳩・観賞鳩 | 20:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サボリ中に孵った仔

昨日UPしたのは巣立った若鳩たちだが
じつはブログ更新をサボッていた一ヶ月弱のあいだに新たにヒナが孵っている。

しかも合計7羽も!( ̄д ̄;)

写真枚数が多くなるが7羽ぜんぶUPしようか……はぁ(´Д`)どっこいしょ


誕生順に、まずは、


呉羽(くれは) と 珠緒(たまお)  2013.07.03生まれ

▼なんと!バーレスさん♂が遂に父親に!待望の初仔だヽ(´▽`)/
130714呉羽珠緒2

▼で、母親はバニーレ(♂だと思ってたがこれで♀だったことが判明^^;)
130714呉羽珠緒3

そう、ペアの相手をランジュからバニーレに変えたんですねバーレスさん……。
でも今まで無精卵ばかり抱いて何年もきたのが、おかげでやっとヒナが見れた。
バーレスはヒナへの給餌をほとんど一手に引き受けてすごく頑張ってる。

▼ヒナたちはデカイです!このまま無事に育ってほしい
130714呉羽珠緒1

▼全体的に色素が濃いのが呉羽
130714呉羽

▼色素が薄いほうの子が珠緒
130714珠緒
バーレスの仔はなかば諦めてたので嬉しいなぁ(;▽;)




サリフ  2013.07.03生まれ

▼これは父親のアッシュ。 母親はビット
130714サリフ3

▼怒るアッシュを持ち上げると二番仔が1羽育ってます
130714サリフ2

アッシュビットの初仔シドは昨日書いたとおり、
巣立ち後ほどなくして急死してしまった。

シドに良く似たサリフ   こんどは無事に!
130714サリフ1




ゼプトヨクト   2013.07.05生まれ

オクタ♂とドライの6番仔になる2羽です
130707ドライ♀の六番仔たち(ゼプト&ヨクト)

▼このペアからの仔はいつも美形。でも予定外にウッカリ孵ってたんですがね。
130712ゼプト&ヨクト

▼羽色が濃くて足毛の無いのがゼプト
130712ゼプト

▼羽色が淡色で足毛のあるのがヨクト
130712ヨクト




ロム   2013.07.08生まれ

ゼッケン♂とツヴァイの、やっと出来た初仔です!
130714ロム2

▼このゼッケンの仔がどうしても欲しかった。やっとできたロム
130714ロム1
ハンガリアン・ジャイアント・ハウスピジョンの血を残したかったので。
このペア、よく産卵して有精卵でありながら今までは下手で孵せなかった。
やっと成功したので無事育って欲しい!



メノウ   2013.07.08生まれ
130715メノウ

このメノウ、孵化した直後から人工育雛している。
卵殻と一緒に床に転がっていたから拾ってきたのだが、
床で抱卵していたこのペア↓シエル♀(写真上)とコハク♂(写真下)の初仔……
130501シエル♀
120522コハク(ジャコビン)2011.05.07生まれ

…だと思っているのだが、

なんだか今、彼らが抱卵していたすぐ上の巣棚のゼッケン×ツヴァイの仔
なのではないかと思い始めてしまっている。

つまりロムメノウは兄弟じゃないんだろうかと。
上の巣から落ちてきたんじゃないだろうかと。
ロムが孵っていることに気づいたのがメノウを拾ったあとだったし
どっちのペアも何個の卵を抱いてたのかハッキリ分かってなかったので
その考えもありえなくないなと……(-"-;)
メノウが育ったらその姿形でどっちの仔か判断できるかもしれない(-"-;)




       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^

| ハト・鳩・観賞鳩 | 23:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの更新です

うーゎ!(°□°;) 一ヶ月近くも放置してしまったか!

前回の記事『鳩ヒナたちいろいろ 2013.06.17』と同じ順番で現在の姿をUPします。
※画像はすべてクリックで拡大  ※両親の名前クリックで画像表示



▼ マフ 2013.05.01生まれ   仰天B×ヘプタの初仔
130714マフ
前回とほとんど変わらないね。
劣性ホワイトだから目の色も黒目のまま変化ないしね。
馴れ具合も変わらずですぐ肩や頭に乗ってくる可愛い奴。



▼ チャミ 2013.04.30生まれ   甘栗×黒豆の4番仔
130713チャミ
フードの毛がジャコビンの特徴である糸毛。だいぶ長くなってきたかな。
ジャコビンらしいホッソリしたエレガントな体型で風切羽も長くなった。
懐いてはないが手を出せば乗る。
でもよく噛み付く(^o^;)大人しいが気難しいヤツ。
後ろに写ってる白い子はマフ。右下のはルルド



▼ ルルド 2013.05.13生まれ   プリンス×シジミの3番仔
130712ルルド
やはりチャミと同じ色で、一枚の羽毛の地色が灰色で周囲が茶色なの。
これ、換羽で全部茶色になるのかな。このままマダラなのかな。
でもチャミと違いスパニッシュなので体型は普通の鳩っぽいカタチ。
よく馴れてて懐っこい。かわいい(^.^)




▼ エム  2013.05.16生まれ   マコロン×フィーアの二番仔
130712エム
マフルルドも懐いているけど
この子がいちばんベタベタに懐っこいね。うっとぉしいくらいに。
なんかよく判らない模様だ。換羽後の完成を待つ。



▼ エル  2013.05.16生まれ   マコロン×フィーアの二番仔
130704エル
エムと同胎だがこの子は親鳩に育てられたので当然ながら懐いてない。
顔はアシメトリーだけどスッキリした配色でキレイ。



▼ ジョイ(右) 2013.05.16生まれ   サカキ×キセキの初仔
130712ジョイ
クレストはちと情けない感じだけど足毛はイイネ。
目の色が黒目から変化しつつある。金目になるかな。



▼ ファン(左) 2013.05.16生まれ   サカキ×キセキの初仔
130712ファン
似てないけどジョイと同胎。
ボディに散った柄は茶色だけど尾は真っ黒だ。



▼ エバ 2013.05.28生まれ  ツェーン×ミライの初仔
130712エバ
大きい方の鳩小屋で育った子だけど
巣立ち後に他の鳩に突つかれて頭にケガしてハゲてしまった。
治療のため自宅に取り込んでいたのだが、
元の小屋に戻さずに小さい方の鳩小屋に入れた。
こっちの住人たちのほうが穏やかな性格のようなので。おかげで順調。



▼ シド 2013.05.31生まれ  アッシュビットの初仔
130704シド
この写真を撮った翌々日、巣立って一週間で急死してしまったシド
朝は元気だったのに昼に見たら床に倒れていた。
餌も食べていたし、体も痩せてなかった。ケガもなかったしよく判らない。
思えば生まれたときもブログに書くのを忘れていたくらい存在感が薄かった。
アッシュビットの初仔だったし可愛い子だったのに。
写真も、ヒナの時のとコレと、たったの2枚しか残ってない。
不憫な子だ(;;)



▼ ジェム 2013.06.13生まれ   プリンス×シジミの4番仔
130712ジェム
ジェムルルドの下の子。
ちょうど一ヶ月あとに孵化した。
ソックリな兄弟。
ただしルルド(後ろに写ってる)の頭部は真っ白だがジェムのほうは頭頂に斑あり。
まだ鳩小屋デビューして4日目。





     にほんブログ村10
当ブログは現在ランキングには不参加ですが 沢山の鳥ブログに出会えますので↑ぜひ村にお出かけください♪

| ハト・鳩・観賞鳩 | 22:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月