| PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

ヒナの餌代がかさむ

いや、べつに、、、かさんでもいいんですがね。

わりと鳥にかけるお金は惜しまないほうです。
というか、商売でなく純粋に趣味で飼育しているだけなので
趣味であるからにはお金をつぎこんでも当たり前でしょう。

しかし我が家はお金持ちではないので「分相応」にやってるつもりだ。


主にかかるのは餌代だが、普段は安定しているのでいいのだ。

しかし今のように鳩のヒナを挿餌で育てているときが、ちょっと。。。。

うん、ちょっとだけね。。。。


ラウディブッシュ社のパウダーフード拡大


ある程度まで育ったヒナを親から離して挿餌する場合はたいてい何でも大丈夫だが
今の状況のように、孵化直後からの鳩ヒナを育てる場合には
ラウディブッシュのフォーミュラでないとだめだ。
しかもこの細かい粒子の粉でさえ、溶いてからさらに茶こしで漉して与える。

孵化直後から育てる鳩ヒナは
人間の赤ちゃんをミルクで育てる、に似た感覚でやらないと食滞してしまう。
これは経験上、本当だ。
http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/blog-entry-632.html
ドバト(原種に近い)と鑑賞鳩とで違いがあるかどうかはまだ不確定だが。



3羽の鳩ヒナたちをほぼ孵化直後から育ててきてようやく一人餌になりつつある。

やれやれだ。
労力的な手間ひまもかかったが、それはまぁ可愛いのでいいとして
ラウディブッシュのフォーミュラって安くはなくって、
それを、なんせ鳩だからソノウでかいっすよ。
ヒナはすんごい量を食べるんですよ。
ジュウシマツや文鳥とかと比較にならないわけですよ。

ガンガン消費するわけですよ。


いや、年がら年中こんな状況じゃないからたまにはいいんですがね。。。。
じつにフォーミュラ代がかさみましたなぁ(´ー`;)



あ、それと、ボラちゃんのためのペレット!

http://yartnotorinikki.blog25.fc2.com/blog-entry-859.html
かつて↑この記事で、ボラちゃん用のペレットを探して困っていたが
よく探せば通販で扱っているサイトもあったとの友人からの情報。
これに救われしばらく安泰。なんせよく消費するので。鳩だから。



そしてさらに、

私がけっこう本気で探したにもかかわらず見つけられなかった鳥用の、、、
(私は検索下手なのかもしれない・・・)

私の望む形とサイズのそのものズバリのペレットを、

教えてくれた人も! はぁぁ~~~うれしい。。。


ズプリーム社のペレット。 
     ↓
ズプリーム社のペレット拡大


このカタチ、このサイズ、ボラちゃんにはこういうのでないと。

こんぱまるさんでお試し用のミニパックとして扱っているので
製品のパッケージはどんなのか知らないが、
このペレット、クッキーみたいないい香りがする。





       たまちゃんバナー
当ブログは現在ランキングには不参加ですが 沢山の鳥ブログに出会えますので↑ぜひ村にお出かけください♪

| 器具・用品・餌 | 10:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイソーのシリンジ

百円ショップのダイソーで「シリンジ」を買って来た。

ダイソーのシリンジ(20ml)拡大
       ↑
これは20mlサイズのもので、付属で細いニードル(針)がついていて、
用途は化粧水などを旅行用の小さい容器に移し替えるためのもの。

以前も買ったことがあってパウダーフードでの挿し餌用にとても良かったので
再度買いに行ったらどこのダイソーにももう置いてなかったという・・。

百円ショップの商品って、いったん売り切ったらそれで終わり(再入荷なし)
ってことがよくあるので残念に思っていた。


それが今日たまたま行ったら嬉しいことに復活していたのでたくさん買ってしまった。


ゴムの部分にワセリンを薄く塗って使うといつまでもスムーズに押し出せて
百円なのに長持ちするんだよ~~これ。


小さい鳥やヒナ用や投薬用に、3mlサイズも買って来た。
    ↓
ダイソーのシリンジ(3ml)拡大

これはオーデコロンをアトマイザーに詰め替える用途のもの。
やはり細いニードルが付属しているが、
細すぎるし鳥に使うにはどのように使っても危ないので捨てます(^o^;)
先が球状になった挿し餌用の専用のニードルに付け替えて使う。


ちなみにこれは獣医さんでもらってきた注射用の2.5mlのシリンジ。
      ↓
医療用のシリンジ(2.5ml)拡大
      ↑
先端の、針をつける部分が突き出しているので
このままでキンカチョウのヒナなんかには挿し餌できたりする→画像参照


三種類のシリンジ比較
シリンジ拡大
     ↑
ダイソーのものは医療用のとは先端の形状が違っているので
そのままでは鳥の挿し餌には使えないけれど、

そのかわりニードルをネジ式に回し込んでセットするようになっているので
圧がかかってもニードルがスッポ抜けたりしないのでとてもいい。


いちばん上の細いのがダイソーのシリンジに付属してる針。(使用せず)
          ↓
シリンジに挿餌用のニードルをセット拡大
フィーディングニードル3サイズ比較拡大





             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| 器具・用品・餌 | 00:25 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥用の薬を分包する

昨日は地味な作業をやっていた。

鳩用の薬(内服薬)ってのは大体が
「2リットルの水に溶いて自由飲水させる」というものが多い。

鳩=レース用の鳩なので、それを飼っている人はたいてい多数羽を飼育していて
具合の悪い子だけ隔離してその1羽だけに投薬するなんてことは稀で
とくに病気の兆候が見られようとなかろうと
予防的観点からも時期をきめて一斉に投薬するという場合がほとんどだろうからだ。

うちもレース用の鳩でないにしろ多数羽飼育なので一斉投薬のさいにはそれでいいが
よく病気のドバトを保護したりもするので
「1羽の1日分」ずつに小分けした分量を求めたかったりする。

そのように小分けされていれば、鳩用=当然鳥用なので他の鳥にも使いやすい。
鳩が体重450gとして、オカメ1羽なら鳩の1/4量くらいが1日分となる。
四等分するくらいならすぐできる。
これが「2Lの水に溶かして・・」の量だと(1滴残さず飲むとして)
実に鳩40羽分の量に相当するので
そこからオカメ1羽分の1日量を取り出すのはすぐには出来難い。
(そんな超微量の重さをキッチリ量れるハカリがあるなら別だが)

てなワケで、いざという時に備えて薬は常に小分けしたものを冷蔵庫に保管する。


たとえばコレ。駆虫薬。1包を2L(2000ml)に溶くよう指示がある。
   駆虫薬(鳩用)ワーメックス

これを40等分して包むのに「薬包紙」を使っている。(ネットで購入)
薬包紙(極薄のパラフィン紙)拡大
薬包紙(極薄のパラフィン紙)拡大

1包(40羽1日分)の量がこれだけあったとして、
鳩用の内服薬(2リットルに溶かす全量)拡大

いちどに40等分できないので、まず半分に分けて別の紙に移す。
鳩用の内服薬拡大

半分の量をまた半分にする。これで10羽分になる。
鳩用の内服薬を1羽1日分に個分けする拡大

もういちど半分にすると5羽分になるので、最後それを5等分する。
鳩用の内服薬を1羽1日分に個分けする拡大

こうして1羽1日分ずつを薬包紙に取り、包んでいく。
鳩用の内服薬を1羽1日分に個分けする拡大

薬包紙の折り方

この折り方を今時の若い薬剤師さんでは知らない人もいるっていうネット情報。
粉薬を薬包紙で個装する拡大
鳩用の内服薬を1羽1日分に個分けする拡大
鳩用の内服薬拡大

こうやって何種類かの薬をすぐ使えるようにして置いている。
鳩用の内服薬を1羽1日分に個分けする拡大

駆虫薬以外の薬はだいたい5日~7日間連続投与するものが多い。
私は1日分をいちどに与えず人間と同じように2~3回に分けて飲ませる。
少量の水で溶いて、カニューレでソノウまで入れる。摂取量が確実だからだ。
もっとも1羽2羽だからそうするのであって、多数羽一挙にならもちろん自由飲水でいい。

常備しているのは
トリコモナスの薬、抗生剤、抗真菌剤、コクシジウムの薬、線虫の駆虫薬、サルモネラの薬、
こんなところかなぁ。
昨日はこんなことをやっていた。



       にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]2
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| 器具・用品・餌 | 15:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイロンビーズ足環

錦華鳥の識別用にアイロンビーズを使った割環を使っている件、
私なりのやり方を書いてみます。
ついでに他の事も付け足して、

識別用カラー割環について(まとめ)のページにしたいと思います。

まず 個体識別用プラ割環
     ↑このページに錦華鳥~小型インコまでの割環について書いてます。
      既製品やアイロンビーズについてもまとめてあります。
    ベルギーの会社から取り寄せたリングは使いやすくて形状も良かったです。
       ※ついでに同社から買った鳩用プラ割環も紹介→鳩さん用カラー足環


フィンチ用の既製品のプラ割環を錦華鳥に着けるとこんな感じになります。
           ↓      材質が薄いのでスッキリしたかんじ。
    カラー・プラリング(割環)をはめた錦華鳥拡大


そして、アイロンビーズで作った割環を錦華鳥に着けるとこんな感じです。
           ↓      肉厚なので少しボッテリ感が出ますが・・・
アイロンビーズを割環として使った錦華鳥拡大
 そういった「見栄え」にこだわらなければ内径バッチリですし充分イケます。
 なにせ色数が豊富だし入手しやすいし安価です。


 ▼アイロンビーズに切れ目を入れるにはハサミでも切れますし・・・
アイロンビーズをフィンチ用の割環に使う1

 ▼でもカッターナイフで切ったほうが切れ目の断面がきれいです。
アイロンビーズをフィンチ用の割環に使う2

 ▼先が細くて輪の中に入るならニッパーでも勿論いいですが・・・
アイロンビーズをフィンチ用の割環に使う3

やっぱり切断面のきれいさでカッターナイフで切るのが一番いいと思います。
柔らかいので簡単に切れます。

でもニッパーはプラモデル用の刃の薄いものを持っていた方がいいです。

足環をした鳥は注意を払わないと何かの原因で足が腫れた時、足環が食い込む事があります。
錦華鳥の趾瘤症 ←このページに足環がくいこんだ錦華鳥の症例を書いています。

プラ割環が食い込んだ場合、切れ目を開いて外すことが難しいので
ニッパーでプチプチと切れそうな所から切っていくほうがいいです。
そのためにもニッパーは先の細いこういうものを用意しておくべきと思います。
         ↓
  アイロンビーズをフィンチ用の割環に使う4


アイロンビーズで割環を作って使おうとする時、
鳥への装着のさいに「ヘラ」が必要になります。

持ってなかったり手持ちの物が小さくて使い難かったら簡単ですので自作します。
私はよく失くします(^o^;)


 ▼アルミ缶を用意します。
割環用のヘラ作り(その1)

 ▼缶を切り開いてヘラの形を描きます。
割環用のヘラ作り(その2)
    ※アルミ缶は、古くなって紙が切れなくなったようなハサミで切れます。

 ▼描いた形より大きめに切り抜いて、先の方を曲げて形作っておきます。
割環用のヘラ作り(その3)

 ▼いい形になるように切りそろえたら出来上がりです。
割環用のヘラ作り(その4)

 ▼切れ目を入れたアイロンビーズを差し込むと、ほら、開きます。
割環用のヘラ作り(その5)
 どんくさい人はアルミの切り口で指を切らないように気をつけてください(^_^)b




      にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]1
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^

| 器具・用品・餌 | 21:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩さんの偽卵を買う

愛知県津島市の友だちが今朝はマイナス2.9℃だったって言ってた。
隣接県だけどあっちは寒いんだな~。
伊勢は氷点下になんて滅多にならないよ。

でもまぁ普通に寒いけど。だって冬だもん。

冬でも鳩は卵を産む。
ていうか、真夏以外はいつでも産む。
でまた私がウッカリしてると気がついたらヒナが孵ってしまってたりする。
そんなにガンガン殖えてもらっても困るので偽卵にすりかえて
気がすむまで抱卵しててもらう。

我が家のハトは今いったい何羽いるのだろう。
あっちこっちで産むので偽卵が足りなくなった。

30個購入した。

鳩の偽卵


鳩の偽卵は樹脂製の玉の中に水を八分目ほど注入し穴を樹脂で塞いで作ってある。
重さがありほんとの卵っぽい動きをする。

今回は以前買ったときのより値段の安いものを買ってみた。

30個のうち3個に水が全然入ってなかった。
2個はほんの少ししか入ってなかった。
30個のうち5個が不良。確率高い。

充分数は足りるからいいけど。
もし足りなくなっても注射器で水入れて直すからいいけど。



ところで昨日ツイッターに書いた「夫に作らせた棚」。

110111-1

も~~~私はホントに整頓ていうものが出来ないヒトで。
机の上がすぐゴチャゴチャになるのよ(-"-;)
PCまわりとか書類が折り重なっててすごいのよ。
書類とかファイルとか本とか、そういうの「立てて」置けないヒト。
だからヨコにしてとにかく突っ込む式の棚(^o^;)



     にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]5
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| 器具・用品・餌 | 23:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ