| PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

鳥が騒がしいシーズン

巣引きに適した季節がまだ続いています

鳩たちは卵をポコポコ生んではあちこちで抱卵しています
それをせっせと偽卵に取り替える私です(^^;)>

取り替えたつもりで見過ごして
こんなふうになってることもあります……むしろよくあります(笑)





そしてインコはよく鳴きます!

オカメは歌うしナナクサは……アラーム鳴らしっぱなしです(^^;)
   
     【動画】音が出るのでご注意ください






鳴いてたナナクサインコは この子、ポンちゃん♂です。 #ナナクサインコ

やーと。さん(@ys_aviary3901)がシェアした投稿 -





いっかいミカヅキインコのお喋りを撮ってみたいなー
でもスマホ向けると黙るから…………
このナナクサインコみたいに声だけ録ってみようかな!


             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^


| インコ類 | 23:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三日月インコ雛画像

PCが古くなって不都合が出てくると
ちっ(-"-;)面倒だなーと思いつつも仕方なく少し新しいヤツに乗り換えるのだが
・・・・・・・・(少し新しい、てのがミソ)

そのたびに膨大な量の「撮りっぱなし画像」のファイルの行方があやしくなる。
今使ってるPCの中の画像さえ、どこに何の写真があるのか定かじゃないのに。

でも大事な記録だからね〜
最近ちょこちょこ暇を見つけては昔の画像を発掘してみたりしてる。


そんななか、


▼ ミカヅキインコ
ミカヅキインコ♂

ミカヅキインコのヒナが生まれた頃の画像が出て来たので載せてみる。


▼ ミカヅキインコペア巣箱
ミカヅキインコ巣箱

2005年3月、あの頃はまだ自宅内に自作ケージを置いて飼っていたなー。

縦120x奥行き120x幅60cmくらいのケージだったかな、今思うと狭すぎ。
そこに巣箱を外付けしてたっけな。中に入れるとますます狭いので。

ヒナが孵ったのはたぶん2005年3月26日。1羽だけやっとできた。


どうも親の育雛能力を信じてやる事ができず(^^;)>
やっとできたヒナに何かあってはと4月9日に取り出した。
孵化後約2週間。そこから人工育雛。


 ミカヅキインコのヒナ(孵化後2週間)
ミカヅキインコ(生後約2週間)

ミカヅキインコの産毛は灰色のモワモワ。

当時、この写真を見た友人に
「グレーのモヘアのセーターを着たおばあちゃんみたい」と言われた(^o^;)

三日月インコ雛(生後約2週間)

ミカヅキインコの雛(生後約2週間)


▼ ミカヅキインコのヒナにスプーンで給餌
ミカヅキインコの雛にスプーンで給餌

「ケイティエグザクト・ハンドフィーディングパウダー」で育てた。


050420三日月(生後25日150g)

▼ 三日月インコ(生後28日154g)  2005.04.30撮影
050422三日月インコ(生後28日154g)

▼ 三日月インコの雛(生後36日)  2005.04.30撮影
050430三日月インコの雛(生後36日)
   ↑
同じ頃に生まれたナナクサインコ(シナモンレッド)と一緒に。


▼ 三日月インコ(生後9ヶ月+7日)   2006.01.02撮影
060102三日月インコ(生後9ヶ月+7日)

♂か♀か、どっちだろう〜〜と気をもんでいたが
この頃になってやっと胸元に赤い色が出始めるが
♀の成鳥も胸元はうっすら赤いのでまだ確信できず。

でも赤が出る前に、なんとなく鼻の上あたりが黄色くなった気がしていた。
この黄色が濃くなって胸と頭に広がり
胸に真っ赤な羽毛がポツポツと出るようになって初めて♂だと確信できた。
それが何か月齢だったんかなぁ〜〜定かじゃないのが悲しい(^o^;)

なんにしても、9ヶ月経っても性別は分かんないんだな〜と、
オカメなら3ヶ月くらいで分かるのにな〜と当時思った。

おしまい!(^ω^)



             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^
  

| インコ類 | 15:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっと謎が解けた!

二列二段に作ったケージにマメルリハを1ペアずつ入れている。

つまり1部屋には2羽しかいないはずなのに
1ヶ月ほど前のある時、右上の部屋に3羽いることに気づいた。

右下の部屋には1羽しかいない・・・
てことは移動したのだ。


どうやってだろう???

ひと部屋ごとの餌やりのための小さいマドは開かないようにクリップで留めてある。
でもいつか私が留めたつもりでハマってなかった時があり
その時に抜け出して移動したのか・・・。

しかし抜け出せても、異動先のマドも開いてなければそっちに入れない。
つまり私が2つも留めミスッていたのか??


ダメだ・・・。
ほんとダメだ。
いつも年老いた両親のことをボケだノロマだイラッとするなどとボロカスこいてるが
私もたいがいボケだ。
最近とみに自分のすることに自信が持てなくなってきている。


自信がないといえば、一番ないのが記憶力。

まてよ?
もしかして私は

1.あるとき
2.ある理由で
3.マメを1羽つかみ出して移動させたのだろうか。

そして1.2.3すべてをキレイに忘れているのだろうか。


そんなコトをした記憶はもちろんないが
してないという記憶もない。
自分の記憶にまったくもって自信がない....orz





しかし昨日、ついに判明した。


マメルリハによる破壊


底板をカジられ 穴が開いていたのだった。

この穴がじつに見えづらい場所に上手に開けられていてね・・・(言い訳)
1ヶ月ものあいだ見逃されていたわけだが。

                    右端のメスが侵入マメ
111130マメルリハ


巣箱もこんな姿になってるくらいで・・・
そりゃ底板も「板」なんだからカジるわな。


侵入マメさん 自分の意志で移動してきたのだから
また気が変われば元のところに戻りたくなるかもしれないので
このまま放置だ。
ケンカしなきゃ別にいいから。


・・・・それにしても・・・何このダメなかんじ。

理由が判って晴れやかな気分になれるわけがない。
ほんとの理由なんてこの場合さして重要じゃないんだ。
しっかりしろ自分!



             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| インコ類 | 14:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セキセイ小屋の解体

今日は曇ってて薄暗く、寒い日だった。

こんな日は外に出たくない。
いちんちじゅう引きこもって録画したプロレスとか見て現実逃避していたいのだが。

そうもいかん。
祝日なので夫も家にいるしな。(ウザい)


今日はセキセイたちの引っ越しをした。

111123セキセイたちの引っ越し


セキセイたちが住んでた小屋は8年前に作った物で
かなり老朽化していた。

夫がそれを解体したいと言いやがるので手伝わないわけにはいかない。

111123老朽化したセキセイ小屋を解体

繁殖してないのでセキセイたちの羽数もだいぶ減ったし、
この小屋は2階になってるが、一階に住んでたウコッケイはとっくに亡くなり
一階はずっと使ってなかったことだし。

まぁ 解体し時だ。


8年間ありがとう。


しかし、夫がバカ丁寧作ったので解体もたいへんだ。
今日だけでバラし切れなかった。
続きは週末だな。


解体中に頭に「バチ──ン!」と何か当たった。

いや、頭の上に「ビッタ──ン!!」と何か降ってきた。

そして次の瞬間、何かタラリと液体が垂れたような・・・(-"-;)

111123頭上のハトにフンを落とされる


見上げると ハトさんたちが頭上の電線に・・・・

失礼な奴らだ( ̄^ ̄;)


何てことすんのクッソ~~~(-"-;)  ・・・ほんと「くそ」だし。



        にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]4
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^

| インコ類 | 23:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぐぐるさんの齧り木

初めてじゃないかな。

ぐぐる と わたわた のツーショットは。

    110111-3

セキセイのわたわたは日中ほぼ放し飼い状態。
夜だけ放鳥するアキクサのルビコンとはよく一緒に撮るが。

ぐぐるは私に引っ付いて離れないのでカゴから出しっぱなしにすることはない。
出すとわたわたのほうから寄って来てちょっかいを出す。

ぐぐるはやかましい鳥だが性格は優しくてビビリなので自分から他の鳥を突ついたりしない。
でもわたわたのほうは怖いもの知らず的にチョコマカと背中に乗ったり
クチバシを寄せていったりする。


       110111-2

ぐぐるはそんなときピキ───ッと叫んで抵抗するが
優しいからけして噛んだりはしない。

でもぐぐるのクチバシは強力なのでその気になったら一撃必殺だ。
もしも、ってことがあるので必ず私が見ていられる時しか他の鳥と一緒に出さない。

そんなぐぐるさんの趣味はチップ制作。なかなか良いチップを作る
毎日余念がないが、齧らないとクチバシが伸びるのだろうか。かも。
まえに飼っていたハムスターの“ねずみちゃん”を思い出す。


ぐぐるにはこういうモノを買い与えていたが・・・
        ↓
     かじり木コーン

三日で無くなる。全く無くなる。すべて小さく噛み砕かれてチップと化す。
設置して三日たつとコロンと金具だけがカゴの外に落ちている。
こういうのがいくつも貯まった。
      ↓
かじり木コーンの金具

「かじり木コーン」は1個300円ほどなのだが、
三日で消費するとなると1ヶ月で3千円ほどかかるか。
それをもったいなくて買ってやれないほどウチは貧乏ではないのだが、
しかし無駄な気がする。貯まった金具が。

なので金具の再利用
       ↓
かじり木自作

日曜大工で余った木切れで作った。

三日目でこの状態。半分イッてるな。
       ↓
3日目でこんなふう

でも耐用日数が六日にのびた。



              ガ────
        ぐぐるボタンにほんブログ村
当ブログはランキング参加してませんが↑楽しい鳥ブログとの出会いを求めてぜひ行ってみてください^^

| インコ類 | 13:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ