| PAGE-SELECT | 過去のページ

≫ EDIT

復活間近のヒヨドリ

Twitterには書いたのだが去る12月9日に

牛乳屋さんの奥さんによって持ち込まれたヒヨドリ君。

飼い猫が獲ってきちゃったのだそうだ。
(以前にもムクドリとかキジバトとかが同じようにして我が家に持ち込まれた経緯あり)



保護当日のヒヨドリ


左の次列風切羽が無く、尾羽はごっそり全部抜かれてしまっていた。

ショックでしばらく大人しかったが、外傷がなかったのは幸い。



保護翌日:柿を喰い散らかすヒヨドリ


その後、元気を取り戻し柿が好きでよく食べている。
他にミカンやリンゴやパインや何やら、与えてみたのだがそれらは食べなかった。

ローリーネクターは大好きでよく飲んでくれるので栄養素は摂れてると思う。

あと、ミルワーム。
最初とっつきが悪かったのだが今はよく食べる。
買ってきたばかりの時のミルワームは痩せてて固かったので食べなかったのかもしれない。
ミルワームにいいエサを与えたら脱皮して太って柔らかくなったので
それで食べるようになったのかもしれない。


元気によく食べてくれたおかげで
今日で保護から12日。
最近ではよく鳴くようになった。

そして早くも新しい羽が伸びてきている。



今日のヒヨドリ 2012.12.23


足にフンが付いてたので撮影前に洗ったため少し濡れてるが・・・

保護当初は下尾筒だけで尾羽は全てズッポリ無かったのだが
今は3センチくらい生えてきている。



生えてきた尾羽のアップ



尾羽同様に風切羽も復活してきてるので
部屋に放してみて問題なく飛べそうなら、外界に返してやろうと思う。

あまり長く飼っておけない、自然界で生きる勘が鈍ってしまうから。
できるだけ早くリリースしてやりたい。
いまちょうど、我が家の周りには仲間達が多く来て毎日キーキーと騒がしく鳴いてるし。

もうすぐ仲間のところに戻せると思う。




      にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]1
当ブログはランキング参加してませんが 楽しい鳥ブログとの出会いを求めて↑行ってみてください^^

| その他のフィンチ | 11:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒヨドリさんが来た

べつにヒヨドリがめずらしいわけじゃない。
ユスラウメが庭に実る頃にはよく来てて、熟したやつから食べていく。
毎日こまめに収穫しないとうっかりしてるうちに無くなってしまうほど。

実をつついて果肉を喰う、とかじゃない。丸飲み。
あの体からみて、ユスラウメはとても丸飲みできるサイズと思えないのだが
じっさい見るとすごいぞ奴ら。
よくクチバシがあんなに開くなぁと思うし、それよりどんなノドなんだと思う。


ドッグフードを食べにヒヨドリが来た 最初2羽いたんだけどね~ペアかな
ドッグフードを食べに来たヒヨドリ

この“はなれ”の塀の上はカラスさんへの貢ぎ物を置くところだ。
ネコの食べ残しのドライフードなどを置いている。
でもいままでカラス以外の鳥が来た事はなかった。

カラスはこぼれた小鳥の餌なんか食べない。それより肉とか大好き。
だから肉や魚でできてるキャットフードは喜んで食べる。
でもハトや他の鳥がキャットフードなんか食べることはなかった。


先日ドッグフードの試供品を貰った。でも犬、飼ってないんだけど。

ドッグフードのほうは猫のと違って原材料に穀類を多く使っているので
カラスにいいかもしれないと思った。
だってカラスって九官鳥でしょ(意味汲んで(^o^;))。
九官鳥用のフードってドッグフードと成分似てるじゃない、少なくとも猫フードよりも。

狙い通り、やっぱりキャットフードよりもドッグフードのほうが喰いがいい。


でもヒヨドリまで食べに来たのにはおどろいたわ。
   ドッグフードを食べるヒヨドリ


じつはもっと驚いたことに!
ドッグフードのくだけたカケラをハトまでが食べるっていうこと。
4羽くらい乗ってて何してるのかと思ったらドッグフード食べてた。
びっくりした。

ハトは今までこのブロック塀の上になど乗った事ないのに。
キャットフードなら絶対に食べないのに。

ところで私があげてたキャットフードとドッグフードは形状が丸くてよく似てる。
なのに鳥って猫フードと犬フードの違いがどうやって分かるんだろ。
ニオイはあんまり分からないって読んだことあるけど。



             にほんブログ村[鳥ブログ・ランキング]3
当ブログはランキングには参加してませんが たくさんの鳥ブログと出会いに↑行ってみてください^^

| その他のフィンチ | 22:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香川にて(1)

6月21日(Sun) 香川県の鳥友shinさんを訪ねました。
今ごろになってそれを書いてます

飼い鳥先進国?香川に行く行くと4年も前から言いつつ延び延びのまま
一昨年には先にshinさんが伊勢に来てくれちゃった。(愛知にも一緒に行った)
行動力のない出不精(デブ症)の山本。
いくら何でもそろそろ行くぞ!と思いつつ下半身が重かったところ・・・・

愛知の鳥友、O川さん&A川さんが一緒に車に乗せてってくれるって3人で出発。
            ↓
       中村愛鳥園にて
かねてより話に聞いてた有名な中村愛鳥園に案内してもらいました( Photo by Shinさん )

主にフィンチとセキセイ、小型の鳥がメインですがオカメもいた。鳩と矮鶏なども少し。
鳥種としてはそんなに変わったものは扱ってないようだが販売個体の数は圧巻。
店内もケージもきれいだし値段も安い。こんな小鳥屋さん近くにあってほしい。

あんまり写真を撮らなかったのだけど、shinさんちだけ少し。

オカメ+大形セキセイの禽舎&ビーグル犬のナナちゃん
 ↑オカメ大型セキセイの禽舎。 と、おきらく犬のナナちゃん!やっと会えたね

プレハブの禽舎内にはケージがぎっしり、しかも整然と。私んちと違ってきれいだった。

禽舎内(フィンチのケージ) 禽舎内(大形セキセイのケージ)
  ジュウシマツキンカのケージ。     下段は大型セキセイのケージ。羽衣セキセイも。

ヨーロッパ十姉妹パール
十姉妹のパール。shinさんお気に入りの2羽。胸にバンドも出ててメリハりの効いた発色。

    パール十姉妹の親子
パール親子。あちこちのケージに雛がいたが、巣からニョロっと出たこの時期の雛は可愛い。

ヨーロッパ十姉妹
黒々しいチョコの親子。1羽だけ見るより沢山いたほうが綺麗で見直した、っつうか。
すごく魅力的に見えたし、まっくろなヒナは可愛かったし。

芸物十姉妹(小斑の大納言)
野性味を感じさせるヨーロッパ十姉妹も魅力的だが、癒し系なごみ系の和十姉妹。
薄茶小斑のこれら大納言はO川さんお持ち帰り~^^

| その他のフィンチ | 21:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のヘキチョウ

「今日の」っつうか、「相変わらずの」ヘキチョウさん達だ。
けっこうなおトシだが元気一杯で落ち着きなく動き回って撮影しづらい。

我が家のヘキチョウは3羽。 メス×2、オス×1。
これは♀2羽。メスはブルーの足環の子と・・・・
   ↓
ヘキチョウ♀2羽(ブルーの足環)
    ↑
あれ?これは今日撮った画像なのにナゼか以前にも載せた気がする??デジャブ?
と思ったら、ほんとに以前の日記にもそっくりな画像を載せてた。
      その日の日記
バタバタと飛び回るからこんな写真しか撮れないんだな。相変わらずなんだ。

ヘキチョウ♀(ピンクの足環)
    ↑
もう1羽のメス(上の写真でカゴにへばりついてた方)はピンクの足環。
ヘキチョウの「真っ黒おちり写真」。ツメが伸びてるな。写真で気づく事って結構ある。

1羽しかいないオスは黄色の足環。
    ↓
ヘキチョウ♂(黄色の足環)

ヘキチョウは外見でオスメスわからない。
顔がより白いのがオスとかいうが私はわからない。鳴いてくれないと。

ヘキチョウのメスは産卵しそうにないので、ヘキ♂は十姉妹のイノ♀と一緒のカゴに入れている。ペアになってほしいがお互い関心無しってかんじだ。繁殖はムリだな。それともペア換えした方がいいか。

十姉妹イノ♀(上)、ヘキチョウ♂(下)

まいっか。それほど繁殖に熱心じゃないし私。なるようになるわ。

| その他のフィンチ | 23:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫陽花と胡錦鳥

今朝撮ったアジサイ「墨田の花火」です。
去年の母の日にプレゼントした鉢物を花が終わってから地植えしてたものです。

    紫陽花「墨田の花火」

今アジサイ画像を貼らなくていつ貼るのだ。
ということで今日からブログの背景をアジサイにします^^

同じく今朝撮ったコキンチョウたち。

胡錦鳥イエローバックSF換羽中
     ↑
思いきり換羽中。ツクツクだらけだ。
このまえ元気がなくて心配してたのだが換羽に入る直前だったらしい。
一気に生え代わるタイプの鳥種は体力使うので栄養のあるもの食べさせたい。
それと飲み水にネクトンBIOだね。

胡錦鳥ブラックヘッド・イエローバックSF♂
    ↑
となりのカゴにいるこっちのペアは換羽してないんだよなぁ。

| その他のフィンチ | 11:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去のページ